2019年01月13日

凄く励まされた73歳のピート・タウンシェンドの新年挨拶。

73歳のピート・タウンシェンド(ロックバンドthe whoのギタリスト)の新年挨拶。
新年早々凄く元気の出る内容(google翻訳などの翻訳ページの精度が上がり、こんな長文でも結構意味がわかる便利な世の中になってます)。
Pete: A New Who Year Ahead
FireShot Capture 025 - The Who_ - https___www.thewho.com_pete-a-new-who-year-ahead_.png


サンダーキャットやケンドリック・ラマーが2018年のお気に入りに入ってる。ヒップホップ好きなんだあ。おこがましいが音楽趣味が被る部分が結構あるぞw
同年代の他の人たちと好みが違う事とか、ネット上のラジオで新しい音楽の発見ある事とかも、凄くシンパシー。
現役感ばりばりで嬉しい。そう、年齢や時代に関係なく半歩でもいいから前進してくこと。後ろ向きに過去を振り向き、現状に対して時代や他人のせいにして文句ばかり言ってるんじゃなくて…。そんなピートの意思を感じる内容で凄く励まされた。

子どもの頃に虐待を受けた人たちのための社会活動のサポートしてるとか、自分の鬱について正直に話しつつ、同じように鬱に苦しんでる人のこと気にかけてたりとか、ああ相変わらずの(←良い意味でだよ)ピート・タウンシェンド!

十代の時に数ある音楽の中から彼を発見したオレもエライッw。なんか嬉しいなあ。

別記事によれば今年はthe whoでスタジオアルバムを出すらしい。おっし。
posted by ハギー at 01:15| Comment(0) | music

2019年01月02日

本年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。

2019年賀状裏住所なし-裏表_150dpi.jpg

画像は今年の年賀状です(クリックすると拡大画像が表示されます)。
近所で撮影した蓮の画像です。右上は府中郷土の森公園で昨夏の猛暑の中スケッチしたものです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by ハギー at 23:26| Comment(0) | 日記

2018年12月23日

多摩地区の都市農業を軸に色々考える、デザインのワークショップに行ってきた。

FireShot Capture 022 - 【デザイン学部】「デザインセッション多摩2018」開_ - https___www.meisei-u.ac.jp_2018_2018110601.html.png
(画像をクリックすると拡大されたものが表示されます。)

【デザイン学部】「デザインセッション多摩2018」開催のお知らせ | 明星大学
https://www.meisei-u.ac.jp/2018/2018110601.html?r=tw

半月前になってしまうけど、これ↑に行って来た。多摩地区の都市農業を軸に色々考えるワークショップ。
地域のコミュニティ再形成のためのきっかけや拠点としてのご近所の農家さん、って感じてる方が多かった気が。
コミュニティの形成というのは時代の一つの要請というか空気なのかもなあ。色々勉強になりました。

会の最後に日野の地ビールというのを初めて飲んだ。苦味が少なく飲みやすい味。美味しかった。

丘の上にある明星大学の校舎を随分前から観ていたけれど、今回学内に初めて入って、敷地が広くてデカい建物がいっぱいあるんでビックリ。
あとイベントとは直接関係無いんだけどちょうど紅葉の盛りで、多摩動物公園駅から大学へ向かう途中の周囲の丘の色とりどりの広葉樹が凄く綺麗だった。

IMGP1980.JPG
IMGP1981.JPG
(画像をクリックすると拡大されたものが表示されます。)

posted by ハギー at 02:11| Comment(0) | いろいろ感想文

2018年12月15日

「tamatogi 2018」言葉や声、詩やポエトリーリーディングの社会に対する可能性を確認できたイベント

tamatogi 2018
〜オープンマイクと
 奈良少年刑務所での詩の授業の話と、いま、〜
@錦糸町 Silkroad cafe -シルクロードカフェ-

12月9日(日)、これ行ってきた。
寮美千子 さんの奈良少年刑務所での詩の教室体験について聞きたかったので。
会場がうちからだとチト遠かったけどw、お話を聞けて良かった。お話し途中でちょっと涙ぐんでしまいましたがw 衆目のあるところで、ちょっとコッ恥ずかしかったけど笑。

言葉や声、詩やポエトリーリーディングの社会に対する可能性を再認識できた。

せっかくなので久しぶりにオープンマイクにも参加。夏以来。半日かけての明星大学でのデザインのワークショップのあった昨日の今日で準備不足が反省点。
錦糸町は久しぶり。何年か前のtagomagoさんやkumaxさん、キクチくんらと出たすみだジャズフェスティバル以来。建物の間から見えるスカイツリーがデカいw

https://www.facebook.com/events/1814997015264416/?ti=icl

ご自身のトーク終了後に客席にいらしたォさんに撮っていただいた当日の写真。右側は司会の桑原瀧弥氏。
48340035_2005824772833184_3133536971553505280_n.jpg
posted by ハギー at 15:30| Comment(0) | poetry

最近ハマってるニューオーリンズ・バウンスのディーバ=Big Freedia(ビッグ・フリーディア)-2

twitterにもたびたび書いてるけど、最近どハマリのBig Freeda。

彼女の音楽やダンス、パフォーマンスがすごく良かったんだけど、リベラルな東海岸や西海岸とは違って、保守的でLGBTには風当たりの強いという南部でずっと活動してきたというところにもすごく惹かれた。
ニューオーリンズ郊外の貧しい地域で育ってきて、怖い目にもあったとドキュメンタリーの中で語っていたし、そんなストレスフルな環境の中で音楽に合わせて踊るというのが、その地域の人たちが生きてく上でとっても重要だとか。そのために踊ることに特化した音楽なんだけど、そのエネルギッシュなサウンドの隙間から感じるブルーズというのか、そこが魅力ですねー。なんかお下品wなんだけど汚らしくないとことかもLGBTならではの美意識なんですかねー。

格差や貧困が無くなった、皆がゆったりと生きる地球というのが理想なんだけど、貧困や差別の中からこういう力強い表現が出てくるというのも人類にとって幸福なのか不幸なのか、どっちなんだろうね?
__________________________________

上述のドキュメンタリー動画がコレ。日本語字幕無いので殆ど何言ってるかは分からなかったりするんですがw Bounceがニューオーリンズのローカルなパーティーミュージックだったことが分かる。→ Big Freedia - The Queen Diva - YouTube



最新EPはデジタル配信のみだったが購入。完全ヘビロテw(特にラストの「play」が最近のお気に入り)
https://t.co/Vyp2g6bx4e

そのEPに入ってる、」義務を果たさない恋人に出て行けと迫る曲。なんかこの中性っぽいルックスに男っぽい声のバランスが面白いというかひきつけられちゃうというか…。→Big Freedia - Rent (Official Music Video)
https://youtu.be/FtU1zjRuTdU


これは2014年リリースのアルバム「Just Be Free」に入ってた曲。
イントロがジャメイカーッ!→ Big Freedia - N.O Bounce
https://youtu.be/w-V0Kxorlb0

歌詞サイトを観ると、お気に入りの「Play」という曲、パーティで女子を煽ってるっぽい。「karaoke」もそんな内容だった。
https://t.co/5KJP6tMAkl

「最近ハマってるニューオーリンズ・バウンスのディーバ=Big Freedia(ビッグ・フリーディア)-1」はこちら
posted by ハギー at 00:35| Comment(0) | music

2018年12月14日

最近ハマってるニューオーリンズ・バウンスのディーバ=Big Freedia(ビッグ・フリーディア)-1

たまたまYouTubeで見つけたんだけど、ジャマイカっぽい音に最初惹かれた。ジャンル的にはbounce(バウンス)と言ってEDMの範疇に入るらしい。

ファッションが独特でダンスも独特、衣装や振付にアニメの匂いもするし、メンバーはジェンダーフリーっぽいし。しかもNYとかLAではなくニューオーリンズ発というとこがまたオモシロくて。
メインアーティストのBig Freediaの中性的なルックスと男っぽい声のアンバランスも面白く、お肉がついてきて化粧も濃くなってきた最近の彼の映像は、マツコデラックスっぽくなってきてるしナンだろーなあw
YouTubeで彼らの曲をいくつか聴いてるうちのクセになってきたw
テンポ速いし、うるさいという第一印象だったのが、だんだん平気になってくるんだコレがw

今年リリースされたミニアルバムには「カラオケ」というタイトルの曲もあって、MCもボーカルもちゃんと入っててカラオケじゃないんだけどw
https://www.youtube.com/watch?v=B0CFwygX7I4

つうことで最近のヘビロテご紹介でした。ダンスの振付やファッションが見どころ。参考にしたいw


彼女に惹かれたきっかけはこの動画。
明らかにジャマイカのダンスホールスタイルからの影響ありなんだけど、ニューオリンズ発でこのファッションと振付。なんか怪しい臭いぷんぷんしてるがナンなんだコレは?笑→ BIG FREEDIA (LIVE) : Charleston Pride Festival 2017


同じ昨年9月のフィラデルフィアのライブ動画続編→ BIG FREEDIA TWERKS IT OUT!!!!! (LIVE) : Charleston Pride Festival 2017
https://youtu.be/3oyT-Sg2ZSE

<その他のライブ映像>
これは地元ニューオーリンズでライブ。ニューオーリンズらしく生バンドバック。人力ドラムなので打ち込みに比べビートが柔らかくなってる。
https://youtu.be/NAajbyO4Njg

Big Freedia Live in NYC at NYU Kimmel Center
https://youtu.be/cbHQ59iaCnQ

Big Freedia performs "Excuse" at AFROPUNK FEST 2013
https://youtu.be/iOtA_aijsOo

「最近ハマってるニューオーリンズ・バウンスのディーバ=Big Freedia(ビッグ・フリーディア)-2」へ続く 
posted by ハギー at 23:47| Comment(0) | music

2018年11月25日

映画上映のせいで最近巷でよく曲を耳にするクイーンについて思い出

昨日歩いてきた渋谷の街では、どこに行ってもクイーンがかかってること多くて、懐かしい曲に記憶を呼び覚まされちゃった。

彼らのファンというわけではなかったけど、クイーンはモロど真ん中世代だったので、生まれて初めてのライブは、同級生のS沼くんと行った武道館のクイーンだったし。
ライブ最後のほうでフレディ・マーキュリーが着物着て歌ってた記憶が笑。
高校の時好きだったコがフレディが好きだとか言ってたし笑
S沼くんちでセカンドアルバムのライナーノーツを読んでたら、クイーンのメンバーが好きなバンドとしてビートルズの他、フーやクリームの名前があって、それを参考にフーとかクリームとか聴きだしたら、そっちのほうが好きになっちゃったんだよねえ笑。

その後、初めてアメリカ行った時に、ソウル乗り換えの格安航空券だったので、夜中にニューヨークのJFK空港着で、その時刻にマンハッタンに出るのは危ないというし(当時は治安が悪かった)、ホテル予約もとってないしと不安いっぱいだったのが、ようやく空港近くのホテルが無事とれて(料金がやや高かったのが痛かったが)、そこへ向かう送迎ワゴンの中で大音量でかかってたのが、この「RADIO GA GA」。
長旅の後の疲れと安堵感や空港の夜景と曲がピッタリで、記憶に強く残った思い出の曲です。



音のいいリマスター版はこちら
https://youtu.be/nxXH5Bt6K7M
posted by ハギー at 14:32| Comment(0) | music

2018年11月19日

「現代人を苛む「自由」の強迫観念は、カントの「自律」の呪縛から生じている。」というイスラム学のブログから

今回は、今の行き詰まった社会の先行きを考える上で、参考になるなあと思ったブログ記事から引用させていただきました。イスラム教徒でイスラム法学者であられるハサン中田考氏によるものです。
90年代初頭の湾岸戦争の時に、雑誌上でお見かけして以来ずっと気になる存在の方だったのですが、下記のブログ記事の内容を最近拝見し、なるほどなあという刺激を受けました。
書かれたのは8年前の2010年ですが、イスラーム学という、我々が慣れ親しんだものとは別の視点から眺めることで、我々の立ち位置がハッキリするいうのか。特に「社会契約論の前提とするような自然状態は実在しない虚構に過ぎない」という部分が成る程なあという。経済学に対する批判の中でも問題となる、理論の前提条件の無理くりさというのが、経済学以前の社会構造を規定するところから既に存在してるらしい。

で、詳しい内容はというと…、以下になります。


「人間とは社会的動物である」というテーゼを意識化して自分自身を考えると、確かに下記の引用文のようになるわな。複数の自我(人間)が協働する場としての社会と、その中での他者との関係性というのが、自我(人間)を考える上でアプリオリな土台になるというのか。
特に近代以降に欧米文化の中で当然視されている、自我(人間)が「他者から切り離された個」という有り様が、かなり無理した前提ってことだわな。

そのような自我についての一種の誤解が、この500年人類が獲得してきた物質的豊かさに寄与した面は否定できないし、大きな犠牲も払いつつも人類史を前進させた大きな力にはなったけど、その役目はそろそろ終わりってことなんだろうな。
そのことがイスラムの哲学を通じてあぶり出されているというのか。

以下、イスラーム革命の本質と目的 بسم الله الرحمن الرحيم
『イスラーム革命の本質と目的 − 大地の解放のカリフ制』
より
(引用開始)
現代人を苛む「自由」の強迫観念は、カントの「自律」の呪縛から生じている。
他人のみならず、自分自身の身体性にも拘束されないような意思の存在、その意思の主となること、それが「自律」であり、そうした自律を成し遂げることができる者だけが、成熟した理性を備えた人間である。このカントの人間観こそが、啓蒙主義の行き着いた先であり、その中に近代人の宿痾である「自由」の強迫観念の結晶化した姿を見て取ることができる。
こうした「自由」、「自律」の呪縛から、「誰もが自律し、自由であるような政治空間」への強迫的執着が生ずる。このカントの呪縛のおかげで、「自らの意思によって締結した契約の自己遵守」という素朴な社会契約論は、「無知のヴェール」による民主主義の正当化という現実から目を逸らすロールズの居直り、ネグリ=ハートの「全員による全員の統治」といった妄想のように様々な形に姿を変えて今日まで生き延びてきた。我々は世界と、そして自分自身と正しく向き合うために、まずこのカントの呪縛から解放されなくてはならない。
(中略)
我々は、生まれる時も、生まれる場所も、親も性別も、何一つ選ぶことのできないまま、世界の中に産み落とされ、社会の中で育てられていく中で、それぞれ別個の人間になっていく。「自由」も「自律」もそうした事実を捨象した虚空にのみ生ずる幻影に過ぎない。
 社会契約論の前提とするような自然状態は実在しない虚構に過ぎないが、仮にそのような社会契約が実際に締結されたとしても、そうして成立した国家における政治を自由な個人の自発的な合意による自律と呼びうるのは、せいぜいその第一世代のみであり、次の世代にとっては、国家はそこに産み落とされ、いやおうなくその中で生きなければならない所与の支配の現実となる。
(引用以上)

(引用開始)
ギリシャ政治学の伝統を継承したイスラーム学は、「人間は集まって協働し、助け合うことなくしては、生活必需品を手に入れ、外敵から身を守ることのできない存在である」、と教える。社会の中で始めて人間は人間として生存することができるのであり、そこには協働を成り立たせ社会を律する命令・禁止の支配関係が不可欠なのである。
人間が孤立して生きることが出来ない以上、自律・自立した個人が自発的に集まって自由な契約を結ぶことで社会を作るのではなく、社会が個人に先立って存在しなくてはならない。
我々の個人の人生を振り返っても、記憶の中には、既に食べる物、着る物、眠る場所を与えられ、人々の話す言葉を話し、社会の中に投げ入れられていた自分しか見出すことが出来ない。社会、社会のルールと秩序は、我々の全てに先立って存在していた。同じように人類の歴史をどこまで遡ろうと、社会を意のままに創設した自由な個人たちを見出すことは出来ない。
(引用以上)

文末にはこんなことも↓
(引用開始)
また文化の領域においても先端を行くアメリカのヒップホップ・グループSoldiers of Allah(解散)、イギリスのBlackstoneなども解放党のメッセージを伝えていると言われている。 『カリフ国家の諸制度』の増補版(2005年)では、カリフ国家の国歌制定の合法性が論じられている。解放党がカリフ国家の再興に成功した暁には、我々はヒップホップの国歌が新生カリフ国で斉唱されるのを耳にすることができるかもしれない。
(引用以上)
posted by ハギー at 18:48| Comment(0) | いろいろ感想文

2018年11月15日

先日ご紹介したフェア党の大西さんの新刊本紹介の動画

先だってこちらでもご紹介したフェア党の大西さんの新しい動画です。12月に新刊を出されるそうですが、その内容について少しお話しされてます。20世紀的な枠組みから観るとドン・キホーテと言われかねないアティチュードではありますが(笑)、僕なんかは逆に勇気づけられたりします。
なんつっても僕のようなリアルタイム・ロック、パンク世代としては、ラジカルなのは当たり前なとこありますし(笑)。

実際おカネのあり方を変えていかないと、地球も人類も、いよいよヤバいところに差し掛かってると思うわけです(原発や格差が良い例)。大西さんのご意見に100%賛成というわけではありませんが、大枠の方向性は全く正しいのではないかと。

又このような社会的活動をされた契機がマイケル・ジャクソンの歌詞だってところも、凄くシンパシー感じましたし(ジョン・レノンが射殺された時、マイケルのアルバム「Off The Wall」が流行ってて、当時世代交代を印象づけられたことも象徴的な気がする)。

やや蛇足ですが、実は先日大西さんに直接コンタクトをとらせていただき、何かお手伝いをさせていただけることは無いかなつうことで、この動画はじめ大西さんの週刊動画コラムのサムネールのデザインを僕がやらせてもらってます(笑)。

posted by ハギー at 02:01| Comment(0) | 時事ネタ

2018年11月03日

おカネのあり方を変えてかないと矛盾が益々激化する2018年でないのかな。

20年前の「金融ビックバン」に始まり、小泉政権下で加速化しアベノミクスで更に加速してることなんですが。
ミクロでは利益になってるように見えることが、マクロで見ると日本の弱体化、それこそ動画で言ってるように売国になるということのわかりやすい説明。11:00くらいから。
ドル円が60円を切ると日本は経常赤字国になるそうです。利率の低い(が優良な)日本の資産を売って利率が高い海外のクズ資産を買う現状が続くと、今の円安がどこかの時点で政治的に強制終了になり、猛烈な円高ドル安で経常赤字国に転じ、我々日本人にはいろんな不都合が生じる可能性が高いと。

動画内で、その悪夢からの現実的な処方箋の一つとして説明されてる、日銀の国債直接引き受けや無利子永久債は、当時の小泉首相から「守旧派」とdisられた国民新党が主張してたことなんだよねえ。

先日ブログにも書きましたが、マイケル・ジャクソンの訳詞サイトを立ち上げ、マイケルの思想によってご自身の社会的使命に目覚めたという元外資系金融マンだった大西さんの講演動画です。

posted by ハギー at 21:14| Comment(0) | 時事ネタ