2010年02月06日

エリカ・バドゥさん、動画で観るとキュートね。

写真だと尖がったイメージだったけど動画で観るとキュートだね、エリカ・バドゥ。先日紹介したCOMMONの元カノ。動画の中でもCOMMONが何回か出てきますね。他にPEのチャック・Dもチラリと。

Love Of My Life -Erykah Badu
http://www.mtvjapan.com/video/music/11981
posted by ハギー at 00:44| Comment(2) | いろいろ感想文

2010年02月05日

備忘録:common/come closer

ちょっと前の曲だけど、レゲエリズムのラブソング。現実もこんなふうにロマンチックに行けばいいけどねw 耳の聞こえないカノジョにプロポーズっていうシチュエーションみたいだね。パツキンのメアリー.J.ブライジもじきじき出演。

http://www.mtvjapan.com/video/music/3969

曲調にあわせてか、COMMONの服装がラスタカラーコーディネートになってるw
posted by ハギー at 00:01| Comment(0) | いろいろ感想文

2010年02月03日

彼らも好きだったなー、GAP BAND@SOUL TRAIN

80年代のアルバムが再発されない残念なGAP BAND。良い曲です「out standing」。こういうマッタリミディアム系ファンクって好きなんですよね。日本じゃイマイチ人気出ないんだけどねw「soul train」での映像。



動画がけっこう面白い、やや手抜き感があるが…w 個人的には調布インターのそばや烏山を思い出す曲wだよ、水色のジャケの8th アルバム収録だった記憶。ラテンフレイバーのダンスチューン。

posted by ハギー at 23:52| Comment(0) | いろいろ感想文

ミッドナイトスター、これも好きな曲でした。

以前もご紹介したミッドナイトスター、この曲も好きでした。これは真面目なメッセージソングですな。「hold out」



以前紹介したちょっとエッチなラブソング「wet my whistle」のライブ映像(口パク)。衣装が80年代してるw

Midnight Star . Wet My Whistle [Show Tv .1984]
Uploaded by capitainfunkk. - See the latest featured music videos.

同曲の動画なし良音版。
posted by ハギー at 23:05| Comment(0) | いろいろ感想文

2010年01月24日

備忘録:アン・ネスビーさんが参加してたゴスペルユニット=Sounds Of Blacknessの良画質映像。

何度か当ブログでも取り上げているアン・ネスビーさんが参加してたゴスペルユニット=Sounds Of Blacknessの良画質映像発見(アン・ネスビーさんは動画中のショートカットへアで黒い服着たわりと体格の良い声量の大きい女性の方です)。

聴いているとなんていうか、こう希望が湧いてくる歌声というのか、曲タイトル通りに「Optimistic(楽観的)」な気分になれる。自分もそんな作品を作っていきたい。
オバマさんにも是非聴いていただいて行動を起こしていただき、ウォール街や軍産複合体の強欲なお金持ちさんたちをギャフンと言わせてほしいw

posted by ハギー at 01:14| Comment(0) | いろいろ感想文

2010年01月23日

備忘録:FULL FORCE動画-2

89年の「smoove」に入ってたサマンサ・フォックス参加のハウス・チューン。




92年のアルバム「don't sleep」からプリンスのカバー「girl」。別れた彼女を忘れられず、お願いだからそばにいてよと乞う歌詞ですね。後半が盛り上がります。

posted by ハギー at 04:45| Comment(0) | いろいろ感想文

備忘録:FULL FORCE動画

89年のアルバム「smoove」に入ってて大好きだった'60〜'70年代のスロウジャムカバーメドレー。多分彼らの地元ブルックリンの公園のステージでのロケ。ちょっと井の頭公園のステージに雰囲気が似てるw ファッションが流石に20年前って感じですが歌はやっぱいいな。口説く時のBGMに最適かもですなーww(原曲を途中はしょっててつなぎがちょっとヘンな部分あり(2:04あたり))




アポロシアターでのライブ。なんだか衣装が日本のお祭りのよう。後半ラップがダンスホール/ラガマフィンなスタイル入る。




ライブ映像にメンバーが出演してた映画「HOUSE PARTY」の映像が混じる。一瞬ジョージ・クリントンが出てます(2:13と2:19あたり)。







posted by ハギー at 04:20| Comment(0) | いろいろ感想文

備忘録:Black streetの良画質動画。

以前にもご紹介しましたテディ・ライリー率いるblack streetですが、画像の質の良いのを発見しました。
ボーカルのバックでの青いはっぴ(?)を着ての踊りがかっちょいいっす。




ビートルズの「can't buy me love」にひっかけたのかイギリスロケ、しかもアビーロードのあの歩道を渡るblack steetの姿もw

posted by ハギー at 03:15| Comment(0) | いろいろ感想文

2010年01月19日

備忘録:gil scott heron 動画

さっきtwitterのTLで紹介されてた動画。前半ブルーズスタイルの歌、後半にポエトリー。

posted by ハギー at 01:02| Comment(2) | いろいろ感想文

2010年01月18日

最近買った1枚。Born Jamericans "Yardcore"

やっぱHIP HOP系ですが。これはジャマイカ系の方々によるレゲエつかダンスホールとHIP HOPのミクスチャのアルバム。もともとアナログ持っていたんですが2枚組みでCDの安いの探してたら近所のブック●フに出てた。

久しぶりに聴きました。M8,M11のラヴァーズ・バラード系が好きですが、他の曲も低音が効いてて、つい腰が動くw。

"Yardcore" by Born Jamericans

Yardcore-by-Born-Jamericans.jpg
posted by ハギー at 15:26| Comment(2) | いろいろ感想文

2010年01月09日

最近の愛聴晩=Q-TIP "Kamaal the Abstract"

Q-tip_kamaal_.jpg
"Kamaal the Abstract" Q-TIP

渋谷陽一氏のブログで知って地元の輸入盤屋さんで即買い。

A.T.C.Q.のリーダーだったQ-TIPのセカンド。上記ブログにあるように「この作品は内容の革新性、先進性、前衛性故に7年間も発売されなかった問題作だ」そうですが、90年代中ごろまでは「革新性、先進性、前衛性」とポップさの融合というのはHIP HOPでは当たり前だったのに、今や商売優先でイノベーションとは無縁のキャラクターで売るだけのジャンルに堕してしまったようですね。

JAZZYなナマインスト中心のトラックにQ-TIPの相変わらず肩の力が抜けたRAPが載る。解散したA.T.C.Q.っぽさを消すのに全力を傾けたという、言うなればジョン・レノンの「ジョンの魂」にあたるのがこのアルバムでは。Q-TIPがどこかのインタビューでビーチボーイズとブライアン・ウイルソンがサイコーって言っていたけど、どこか「ペットサウンズ」の匂いも少しあるかも…。ここんとこの仕事の行き帰りの電車の中での愛聴盤です。

ジャケには、お洒落してて今時のR&Bシンガー風なQ-TIPが写ってます。
posted by ハギー at 02:19| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月29日

歌詞ということでは、ユニコーンの再結成アルバム「Chambre」の

しょっぱな「ひまわり」の
果てしなく続くような
世知辛い世の中を
半分とどれくらい
僕達は走ったか?

ってフレーズ、まったくおっしゃる通りって感じです。「半分とどれくらい」ってのが自分の実感とぴったりw

しかしM8の「Autumn Leaves」って曲、作った人には悪いが歌詞が酷すぎる。こんな工夫の無いありきたりの表現しか使わないラブソングを、酸いも甘いも知ったおじさんは聴きたくないよw

posted by ハギー at 00:22| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月28日

マボロシのシ

久しぶりに2千円以上出してCD買った。「マボロシのシ」。ファースト聴いた時の衝撃は無いけど良いアルバム。最近はロックもHIP HOPも歌詞に笑いがあるのが良い。なんか日本人って自分も含めて真面目過ぎるよなーって思ってたから良い傾向。

posted by ハギー at 23:57| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月24日

BUZZCOCKS 1st。いいなコレも。

やっぱ、いいねBUZZCOCKS。

ツインギターのザクザクしたサウンドにピート・シェリーの甲高いボーカルが乗る。過剰な性欲に翻弄される若き男の子の叫び。今時の草食系とは真逆だねw。
前にも書いたけど、男の子が多かれ少なかれ通るであろう精液と涙にまみれた青春の1ページ。切ないけど乾いた笑い声が聞こえてくる音だよ。

buzzcocks-1st.jpg

"Another Music in a Different Kitchen" BUZZCOCKS
posted by ハギー at 22:38| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月23日

The Stranglers - 来日公演観に行ったよな、そういえば

彼らの「black and white」というアルバムはかっこよかったです。今聴くとそのスタイルがパンクと呼べるのかどうかは微妙な気がしますが…
以下いずれも「black and white」に入ってた曲。
HIP HOPやHOUSEにハマる前にはレゲエのほかに、ここんとこご紹介の音をけっこう聴いてましたなー。



posted by ハギー at 01:12| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月22日

備忘録=PIL動画。

BUZZCOCKSの動画捜してたらPILも見つかったんで、取り急ぎ備忘録。

白襟ストライプシャツや細ネクタイが今風だな。ギターのキース・レビンがなかなか美少年w。


通称メタルBOXから。全然ポップじゃないけど「POPTONES」w。ライドンらしいタイトルネーミングですな。
ピストルズ風なパンクを期待して聴きに来た連中の前でこんな曲を演奏しちゃう嫌な奴w。個人的には大好きな方ですけど…


イギリスの8世紀からルネッサンスにかけての教会音楽を元に作ったというアルバムからタイトル曲。


これもメタルBOXに入ってたな。


初期メンバーに代わってビル・ラズウエルやジンジャー・ベイカー、坂本龍一らと作ったアルバムから。ギターは確かスティーブ・ヴァイ…。80年代半ばのMTV時代を反映した普通なPVですな。


黄緑色の山手線がなつかすい。83年日本公演の映像。モヒカンのモロパンクなニーチャンとかいるんだけど…。
posted by ハギー at 01:19| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月21日

BUZZCOCKSのリマスター盤間違い買い。でも聴きます。

きのう吉祥寺で安いと思って買ったBUZZCOCKSのリマスター盤、欲しかった2ndじゃなくて1stを買ってしまってた。しょうがない(って失礼かw)けどちゃんと聴くことにしよう。

映像観ると凄くTHE WHOっぽいな。









posted by ハギー at 13:25| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月08日

備忘録-MABOROSHI動画

5年ほど前、渋谷のCD屋でたまたま流れてるのを聴いて一聴惚れ。1stアルバムは一時期ヘビーローテーションになりました。最近3枚目が出たようで…。



クレバ参加。


以下動画じゃないけどバラード系を2曲。
ちょうど横浜から吉祥寺に戻ったばかりの頃で、詞の内容が身近に感じられた曲(以前この日記にもちょっと書きましたね)。


出足の「キミはいつも化粧が長くてオレをイラつかせる、オレはいつも気まぐれな奴でキミをイラつかせる」って男女のズレ感をなかなか言い得てる良いフレーズですなw
posted by ハギー at 02:24| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月03日

国立博物館再び。「皇室の名宝」展

ここんとこ上野てえと国立博物館ばかりである。で今回も。

「皇室の名宝」展へ。第1期展示が明日3日で終わりとかでギリギリ間に合う。しかし小雨の月曜日だと言うのに凄い人出。落ち着いて鑑賞できたのは閉館前ラスト40分ほど。

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=B01&processId=01&event_id=6890

今回の目玉である伊藤若冲の「動植綵絵」のまとまった出品。いや良いですね。構図も色彩もデッサンもかっちり。画面の片隅にあしらわれたアクセントがまた洒落てるし謎を呼ぶ。
またこれらの作品群を幕府でなく皇室に本人が寄贈したってのも、なんでなんだろうなと好奇心をくすぐられた。


帰宅時、地元の駅で電車を降りたら寒いこと。短時間で凄い気温の変化でしたな。
posted by ハギー at 01:14| Comment(0) | いろいろ感想文

2009年11月01日

富十郎の弁慶

さっきまでETV特集でやってた中村富十郎(79歳)親子のの弁慶の舞台作りのドキュメント。

http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2009/0705.html

2009y11m01d_233108968.jpg

相手役の中村吉右衛門といい、歌舞伎役者はいくつになっても華があっていいすなー。
子どもの頃、祖母の家に行くと必ず歌舞伎の音や映像がかかっていて、当時は退屈して見聞きしてたんだけど、この歳になると歌舞伎の演奏を聴いてるだけでワクワクしてきちゃうてんですから、血は争えないw

番組を途中から観たので、10歳の義経役が最初お孫さんかと思っていたら息子さんだそうで。いや富十郎のお顔立ちがピカソに似てると思ったら、そういうことでしたかw

色んな意味でまだまだオレなんかヒヨッコだね、と強く感じた番組でした。

posted by ハギー at 23:33| Comment(0) | いろいろ感想文