2017年01月06日

さよなら2016年、こんにちは2017年

(画像をクリックすると拡大されたものが表示されます)
15747793_1235100229902622_1718139160418697158_n.jpg


先だってのSocial Design Salonの「GRIT読書会」で、2016年一年を漢字で表すと?とイキナリふられて、咄嗟に出てきたのが「平」。

実際良くも悪くも僕個人的には「たいら」な一年間だった。
プライベートでは一昨年に比べ親子関係がつつがなく平和で、仕事では一昨年に比して伸びの足りないやや中途半端感が強かった一年だった。

2017年は、春以降プライベートで変化が否応なく起きる一年になりそう(ってやや大げさですけど、内容はその頃また発表致します)。時代も今年に引き続き大きく変化してきそうだし。
それを鑑みると「嵐の前の静けさ」な今年一年だったりして・笑

社会に目を転じると、CNNによれば、小規模ではあるけどフィンランドでベーシックインカム試験運用がいよいよスタートだそうです。

http://money.cnn.com/2017/01/02/news/economy/finland-universal-basic-income/index.html

2000人の市民に仕事の有る無しに関わらず月587ドル支給だとか。
恒常的に供給過剰社会になったここ日本でも近未来に導入される可能性の高いベーシックインカム。
僕のような仕事以外の分野であれこれライフワーク的なことやってる者にはとても有り難い制度だと思う。
もし日本でもベーシックインカムが採用されたら、食い扶持を確保するための仕事の量を極力減らして、表現のコラボや、社会の中で言いたいことがあってもその方法を見つけられない人たちの案内役をやって行きたい。
そんなことを頭の片隅に思い描きながらの2017年がスタート。

何はともあれ皆様昨年一年間お付き合いいただきありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いします。

(以上、こちらから転載しました。)
posted by ハギー at 14:48| Comment(0) | 時事ネタ

2016年12月11日

外部に書いた記事。

MEDIUM初挑戦。短文書いてみました。↓
“情報化社会の変化の加速と、その先を考える。”


先だって訪れた醍醐寺の写真。上醍醐での写真をアップ。下醍醐の写真も何枚か追加アップ。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1182194048526574.1073741867.100002079716340&type=1&l=0eae5fbdf8
posted by ハギー at 23:17| Comment(0) | 時事ネタ

2016年11月09日

米国大統領選の感想

もしかして皆さんと意見が違っているかもでアレなんすけど(笑)、下記リンクのブログ記事にもあるように、軍産複合体やウォール街と近しい戦争好きのヒラリーがもし大統領になって、戦争好きの安倍首相と組んだらどうなってたか、考えるだけでゾッとしてたけど、それが回避されて良かったと僕個人的には思ってます。
条約国の主権よりグローバル企業の利益を優先させるようなTPPを反対する本気度もヒラリーよりトランプの方が強く感じたし。

「トランプ大統領を歓迎する - 代替案のための弁証法的空間」


確かにトランプだと米国内的には問題があるかもしれませんが、日本や世界にとっては、無駄な戦争が行われないであろうということでトランプで良かったなと。同じような事をカンボジアのフンセン首相が最近発言しておりましたし。
http://www.sankei.com/world/news/161103/wor1611030069-n1.html

アメリカは20世紀初頭のようにモンロー主義に戻って、国内問題の解決に軸足を移していくのが良いのでは。軍産複合体やウォール街、グローバル企業が力を持ち過ぎて、99%の国民が苦しんでるのが今のアメリカの姿でしょうから。

強大な軍事力を使って対外問題にクビを突っ込むより、建国の理想を今一度思い起こして、矛盾だらけの国内問題を優先して解決してくというのか。そうしないとかつて広大な土地を明け渡したネイティブの人たちも浮かばれませんよ。

民主党も既得権益にまみれたヒラリーを大統領候補に選んでしまったのが残念。実際、権力中枢で悪事を働いていたようで、FBIが彼女の訴追を匂わすくらいだったわけっすからね。

追記(2016.11.10):
アメリカから日本へ帰化された賀茂川氏による今回の大統領選へのご意見です。マスコミが何故ヒラリーを応援したかが書かれてます↓
https://kamogawakosuke.info/2016/11/07/no-1166-%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%80%80%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e9%81%b8/#more-5505
posted by ハギー at 20:42| Comment(0) | 時事ネタ

2016年09月04日

あと14年?

あと14年かかるかあぁぁ…。
その頃自分はいいトシになってるが笑、うちの子はまだまだこれからな年齢だよな。
うちの子のような、気は優しいがちょいとトンガったのが生きやすい世界になってってほしいっ!

同調圧力ばかりが強い20世紀型日本社会はもう終わりにしませんか?!

以上、先だって美学校でのAIのシンポでお話しされてた高橋氏による下記のweb記事よりの感想です。
「人工知能は失業を生むのか、そしてシンギュラリティは実現するのか!?」
http://ja.catalyst.red/articles/inoue-takahashi-event


高橋氏の美学校でのお話によれば、AIロボットには苦手で、人間が得意とすることは
・ホスピタリティ
・クリエイティビティ
・マネージメント
になるのではないかと。

自分個人的には2番目のクリエイティビティを中心に生きていけたら良いなあ、と日頃思ってますが。
今は食い扶持稼ぎと家事と創作活動の狭間で結構しんどい思いの連続だからなあ…。
この状態から早く脱出したいものです。

ヨガをされてた山手国弘氏が以前、横尾さんとの対談で、各人がメディテーションをやる方向に人間は種(しゅ)として無意識的ではあるが向かっているのではないか?とおっしゃっておられましたが、21世紀にかなりの割合でそれが実現されるのでは? と思うこれから起こるであろう社会の変化であります。
posted by ハギー at 02:01| Comment(0) | 時事ネタ

2016年07月31日

続-近未来にやってくるロボット化社会とベーシックインカム。

AIがらみのテレビ番組で、もいっちょ。
最近考えてること、NHKでも3月にやったらしい(下記リンク)。見そびれたが。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3782/1.html
仕事がない世界”がやってくる!? | NHK クローズアップ現代
20年以内に、日本の労働人口の49%の仕事が、機械に置き換えられる!?(シンクタンク試算)

人工知能やロボットによって、従来の仕事がなくなる懸念が世界的に高まっている。ITを通じてホテルの代わりに一般住宅に泊まれる“民泊”や、一般ドライバーと移動したい人とを結ぶ配車サービスはもはや当たり前。
新たな仲介サービスの台頭で、アメリカではタクシー会社などが倒産。職を失った人たちが定職に就けず、日雇い生活に陥る事態も起きている。
こうした事態にどう対応すればいいのか。欧米では、様々な取り組みが始まっている。スウェーデンの福祉施設では、限られた仕事を賃金を落とさずにシェアする試みを開始。アメリカやスイスでは、全ての国民に毎月一定額を支給する最低生活保障(ベーシックインカム)の導入の検討が始まっている。
“働かざる者食うべからず”といった常識が通用しなくなるかもしれない社会で、私たちはどう生きていくのか。最前線のルポから考える。


IT化やAI化で効率化された分、労働時間を減らすというスウェーデンのやり方は理にかなってるのでは。
翻って、さらなる効率性と長時間労働を社員に強要してブラック化してる今の日本社会のあり方のおかしさが際立つ(技術進歩による効率化によって余っている供給力を更に増強して、更なる需要不足とデフレを招く悪循環。日本人の生真面目さと、物事を客観的に考える能力の弱さが出ているような気がする。70年前の敗戦の時と同じような思考回路じゃありませんか? ミクロでの最大利益の総和が国や国民全体の利益の最大化にはならないわけで。それは70年以上前にケインズによって指摘された「合成の誤謬」というやつ。そんな簡単な事実も認識出来ない、新自由主義的なイデオロギーにかぶれたある種のカルト信者が大きな顔をしてるのが今の日本のような気がする)。

若者達よ騙されるな。おっさん達の煽りに乗って働き過ぎるな。サボれっ!(笑)
(今我々は人類史の中の大きな変化のまっただ中にいるわけで、真に21世紀的な次の時代には、おカネ観も労働観も今とは大きく変わって行く筈ですから。今の経済効率一辺倒な社会は、20世紀的なるものの最後のあがき、終わりの始まり…です。)
posted by ハギー at 00:52| Comment(0) | 時事ネタ

2016年06月21日

近未来にやってくるロボット化社会とベーシックインカム。

先月にもチト触れたけど、最近考えてる事がまんま書いてあった下記のリンク先のラストの部分。
生産のAI化・ロボット化がある程度進んだ社会では(2020年以降多分今から10〜15年後らしい)、飛躍的に伸びた供給力に見合った有効需要を創出する必要があると。しかもロボットに代替され雇用が大幅に減った社会で。
(以下引用)
それゆえに、この点においても、やはりマクロ経済政策が重要とある。世の中に出回る貨幣の量(マネーストック)を増大させ、絶え間なく需要を喚起し続ける必要がある。ただし、汎用AIの時代にあっては、このように需要を喚起しても、平均的な労働者の雇用は増大せず、機械との競争に打ち勝つスーパースター労働者と汎用AI・ロボットの需要が増大するに終始するだろう。

 したがって、やはり「ベーシックインカム」(BI) のような包括的な社会保障制度が必要となる。AIの発達にBIは不可欠なのである。
(引用以上)

(で、貨幣流通量を社会の生産性本位制にすればインフレもデフレも起きないつうことか?)

http://bizzine.jp/article/detail/1630
人工知能社会論からの考察“雇用なき成長の時代”を戦略的に考える―「汎用AI」と「ベーシックインカム」
posted by ハギー at 00:03| Comment(0) | 時事ネタ

2015年08月16日

ちょっと辛辣だけど

ツイートもしましたが、ちょっと辛辣だけど下記リンク先の「チンコロ右翼」って副島隆彦氏による命名、流石というかウケましたw

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

(↑皆さん、ネットやTVの扇動的な文章ばかりに接してないで、本をじっくり読んでしっかりとした知識を得て、しっかりと生き抜いていきましょうよ、といった趣旨の内容ではあるのだけど。)

中国等近隣諸国をバカにして米国にこびへつらってる方々をネット上で散見しますが、ほんとどうしようもないと僕もずっと思っていたので。
ちょっと離れたとこから見れば日本人も上記のような国の人たちもモンゴロイドで見た目おんなじだし、同じ儒教圏で文化的に凄く近いものがあるのに理解しないんだよね。教育やマスコミに上手に洗脳されてて、日本人は「脱亜入欧」して「名誉白人」であるとか単純に信じているんかねえ…?(苦笑)。

(個人ブログなのでSNSでよりちょっと踏み込んで書いてみました。ここまでお読みいただきありがとうございます。)
posted by ハギー at 23:31| Comment(0) | 時事ネタ

2015年04月21日

地方選挙たけなわですが…

寝ている赤ちゃんがいたら目を覚ましそうなデカイボリュームで(デカ過ぎてハウリングまで起こしてるw)、子育てを応援しますって叫ばれてもなあw

政治ってそういう無神経さが無いとやってけないゲームなのかね。

うちは結構世帯数が多いマンションなせいか、候補者さんによるお訴えが度々ある。うるさくて長い演説した候補には投票したくなくなるよなあ。
高ボリュームしかも長時間演説したのはk3党、j眠党、見ん終党、kメイ党(って殆どのメジャー政党ではあるな)。ご立派なご主張の中身云々より、その厚かましさをなんとか出来ないもんかなあ。
posted by ハギー at 14:04| Comment(0) | 時事ネタ

2014年06月24日

こんなおっさんがいてもエエでっしゃろ? 今回の都議会セクハラヤジ事件にひっかけて…。

【全文】「塩村議員に早く結婚して欲しかった」 鈴木章浩議員”セクハラヤジ問題”謝罪会見書き起こし | ログミー[o_O] http://logmi.jp/15467

今回の都議会におけるセクハラヤジ事件だけど、(以下論理が飛躍し過ぎと言われるかもだけんど)僕と同世代の議員からのヤジつうことで、以前にもここに書いた通り、僕と同世代オッさんによるシングルファーザー家庭に対する無理解と同じ根っこの問題なような気がするなあ。
これは自省も込めてなんだけど、要は昭和の男女の役割分担に完璧に洗脳されちゃってて、他の価値観を認識出来ない固いアタマになってるんじゃないかと。更にその事を客観的に意識出来て無いってことじゃないのかな。
自分の価値観を相対化出来ていないように見えます。これだけ価値観が多様化した21世紀、しかも昭和が終わって四半世紀以上も経ってるにもかかわらずにさ。

自分は今から思えば所謂イクメンの走りで、ずっとフリーランスで自宅で仕事をしていたから、子どものおむつ替えやミルクあげやらを(←うちは色々な理由で人工乳でした)毎日手伝ってたからね。少し大きくなってからは食事も作ってあげたしね。そういうの、同世代の男性としては絶対数が少なかったんだろうな。
まあそういう過去のアドバンテージがあったので、父子家庭になっても割とすんなり続けられたのかもしれないけど。


そんな親子だったせいもあり、以前も書いたように、たまに子どもと食事しに行く居酒屋のマスターから、口八丁手八丁でオネーチャン口説いてるカメラマンに誤解されちゃったからねw
オフの時には好きなカメラをぶらさげてるけど、あたしゃカメラマンでもないし、一緒にいるのは口説いたモデルじゃ無くて実の子なんだけどねw そもそもこの口ベタ偏屈男がそんなにモテるわけが無いだろw
でもマスターが良い例だけど、妄想は事実を凌駕するんだよね(詐欺師はそこを上手く利用するんだろうね)。

自己分析的に実に偏屈&口下手で、ゼロ学の土星人の性格がよく出てるんだけどね(←長く接して来た友人や親族には理解されてることなんだろうけど…)。
にもかかわらず、服装やヘアスタイル等の外見で、マスターがしたように誤解されることがあるんだわなあw (更には前にも書いたように三行半つきつけられちゃうことも…(⌒-⌒; ))
仕事柄、ファッションって色選びやコーディネートとかデザインの思考訓練になるんだよね。それと仕事の後に洋服屋さんを見て、掘り出し物を見つける事が息抜きになるし。そういうものなのにナンだかねー…w
居酒屋で呑むだけがオッさんの息抜きちゃうよw

そして良くも悪くも、僕も含め自分が信じてる価値観なんて多々あるそれの一つでしかないんだよね。
posted by ハギー at 23:54| Comment(2) | 時事ネタ

2014年06月08日

神奈川の幼児放置事件にからんで。

(またまた前回、前々回に関連する内容ですが…)

先日、神奈川でシングルファーザーの父親が5歳の実子である一人息子を自宅に長期間放置し、栄養失調で子どもが亡くなったという痛ましい事件がありましたが。

厚木の男児白骨遺体、父親逮捕…食事与えず放置 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://www.yomiuri.co.jp/national/20140531-OYT1T50006.html?from=tw

飢えてほっとかれた子どもの思いを想像すると胸が痛むし、多くの方々が同じように感じたと思いますが…。

今回の事件についての報道を追ってると、その父親が、惚れたオネーチャン(カノジョ)のところに入り浸りになり、子どもを放置していたということがわかってきました。

それを知って思ったのは、以前僕がお付き合いさせていただいてた女性と週末に二人でデートしている時に、自宅で家事があるからと僕が帰ると、たびたびキレられたこと(もう時効だと思うので書いちゃいますw)。
お付き合い中の女性から観ると、神奈川の事件の父親のように自分のところに入り浸ってくれる男は頼もしく優しく、僕みたいなのは女性に対する愛情の足りないアホ男ってことになるんだろうかw お恥ずかしい話ですが、実際それ(ら)をきっかけに三行半つきつけられましたし…w

神奈川の事件とはうちの子どもの年齢も性別も違うけど、父子家庭で家事を全て子どもにまかせて、僕がオネーチャンのとこに入り浸るわけにはいかんでしょw
そんなに一緒にいたいのなら、キレる前に僕んとこの家事手伝うわよとか、たとえその気がなくても言ったりできないのかなとも思ったですわ。

今回の神奈川の事件は、そんなふうに想像力の足りない女性に惚れてしまった、やはり想像力の足りない男の弱さが事件の引き金をひいたんだろうかと推測してしまうのでありました(本人達の責任は勿論だけど、ゼニカネ効率第一主義と個人主義の浸透で、周囲に対して目配せする余裕の無くなった現代社会の負の面が出た事件でもあると思いますが…)。
世の皆様そして自分自身、呉々も気をつけましょう。
posted by ハギー at 16:06| Comment(0) | 時事ネタ

2013年12月29日

最近の日々雑感。(成長社会が終った今、効率化ばかりしたって収入は増えないし豊かさはどんどん失われて行きますよ、という話。)

131223.jpg最近の日々雑感。
基本的に同世代人批判になってしまうのだけど(スイマセン)。
なんでそんなことを書こうと思ったかというと、年齢的に会社など所属する組織や社会で影響力を持つ年代になってきたことや、個人的に所謂イクメンとして子育てをしていて、成人を迎えた子どもの現状やこれからを考えると、これまでの我々世代が当たり前だと思ってきたやり方じゃイカンだろうと強く感じることが多くなったからです。

自分と同年代のアラフィーの人たちって、過去の昭和の成功体験が基本にあるから、セイムオールドな見方・やり方に疑問を感じない人率が高いように見えるんだよね。僕自身も気を付けないといけないことなんだけど…。

で、その結果、環境や若い世代、子どもたちにそのしわ寄せが行っているんではないかと疑問を持つわけです。にもかかわらず「最近の若いもんは」的な批判で納得して終わりというのか、おじさんおばさん達w(自分達もかつてそう言われ反発してた筈なのにね…w)。


また昭和の頃だと社会が今ほど多様化していなかったので、試行錯誤というのは、他人が成功したのを真似することでまあ良かったところがあったが、今はそういう時代では無くなってきてませんか。

真似することを否定はしないが、それだけだと、単に終わってしまったオールド昭和なスタイルだよねw
自分なりのオリジナルな視点/考え方が必要なのが平成のスタイルではないかと思うのだけど…。そこには同時に他者の尊重というのも含まれる筈なんだけど、同質的な人間関係が当たり前だった昭和からすると、なかなかその頃合い加減の見極めが難しいんだと思う…(自省も込め…)。

そんなことを日々繰り返し感じる今日この頃なんです。


あと経済的な視点で言えば、効率化によって自分の組織にも社会にも利益があったのは、社会インフラが未熟で供給力不足でインフレ基調だった昭和の話ではないかと。
社会インフラが整い成長が終わり成熟の始まった平成の時代は、効率化よりも需要を作ることこそ必要なんでは。そのためには、まずお金の出所である地域経済を活性化させる必要があるわけで、ユニクロがやってるように自社の生き残りのために地域の中小店をぶっ壊していけば、地域の経済循環は壊されひいては地域の人々の購買力が落ち万年不況になるという、今の日本によく観られる光景が延々と続き、やがては縮小均衡に向かい、地域で勝った企業も含めみんなで没落してくと思うんですよ。

物不足、供給力不足が当たり前の世の中の中で幼少期〜青年期を育って来たアラフィー世代には、そういう需要不足によるデフレの中にある成熟社会の現状がよく観えていないゆえ、目先の効率化ばかりを唱え自分で自分や自分の子どもの首を絞めているように見えるのですよ。そういう構造的な不幸に早く気づきましょうアラフィーの皆様! と声を大にして言わせていただきたい今日この頃です。
posted by ハギー at 02:12| Comment(0) | 時事ネタ

2011年03月07日

専業主婦や男の賃金下げ圧力のことなどを考えてみた。

下記ツイッターをきっかけに書いた時事ネタです。
長竹慶祥 jugglersenjyu RT by 萩原哲夫 lotuth
「妻」と書いて「ワイフ」と読み、「夫」と書いて「サイフ」と読む。「夫」をひっくり返すと「¥」になる。 2011年03月02日(水) 20:39:21

 男女雇用機会均等法改正法が施行されて12年になった今、男に「¥」を求めてもなかなか難しいんじゃないだろうか。戦後当り前だったリーマン夫と専業主婦という家庭モデルは崩壊しつつある。
 なぜかといえば、工業化の進展によって社会がソフト化し女性が社会進出できる環境が整った事と、企業経営者がより安い労働力を求めたことがマッチしたゆえの1999年の男女雇用機会均等法改正にもあるように、雇用の力関係や環境が変わりつつあるわけで。かくして男性の賃金の下げ圧力は強ったまま今日に至る。
 しかもこの不景気と円高で国内の生産拠点の海外進出は進み、国内雇用のトレンドは減っていく方向で増えてきそうにない。
 更にいまや雇用の4分の1が非正規雇用だという。以前のような終身雇用による右肩上がりの安定した給与体系の恩恵にあずかれるのは大企業勤務や公務員等一部の人たちだけとなりつつある。そんな中で男一人で妻子供の分も稼ぐとなると大変なご時勢だ。


 ところで、昭和を知る人達は専業主婦を当たり前に思うが、「専業主婦」という在り方はこの100年余の工業化社会という環境が生んだ、長い人類史の中では特殊な女性の在り方だそうだ。

 かつては地域や大家族によって持ちつもたれつが当たり前だった子育ても、工業化に伴う都市化によって地縁・血縁が破壊されてしまい、孤立した環境の中で子育てをしなければならなくなり、そのことによる問題も色々出てきている。個人的でありながら社会性も必要とする子育てという営みの在り方がきっと問われてるのだろう。生身の子が相手ゆえ、親が効率よくカネを稼ぎ保育園に預けてればいいという問題でもないと思う。
 工業化前の人と人のつながりが破壊しつくされたのが今の日本の姿なのだろう。また過去の破壊を旨とする団塊世代が第一線から退きつつある今、次の我々世代は「つながり」の再構築をしていかなければならないのだろう。そこには前の世代によって必要以上に壊されてしまったものも含まれるわけで。

 で、団塊世代はいいとしても、今のデフレを見ればわかるように日本は工業化による右肩上がりの経済成長という19〜20世紀型モデルから、工業化社会の次に移行しなければならない、いわば人類史のトップを走る国になったわけです(韓国や中国はまだそこまで至る過程にあるので日本の未来の見本にはなりずらい)。お手本になるのは、今だ20世紀的な経済成長を目指している米国より、日本より先に社会の成熟化の始まった欧州にあるんだろうと思う。にもかかわらずマスコミはTPPはじめ米国の方法論をいまだに至上のものにしてるという現状認識の低さ。
 国内での雇用やお金の回り方について、これまでの大企業や大量生産を中心とした考え方からの脱皮が必要なときなんだと思う。海外への生産拠点移転やロボット化の進展によって、労働のあり方そのものの変化の必要に迫られてるのが今の日本であり、その変化への正しい対処こそがわれわれの日々のしんどさからの開放につながるんだろうと思う。それは一人ひとりの個人的な課題であると同時に人類史的にも大きな意味を持つ変化を体験しつつあるのが日本の現状なんだろうと考えます(そこには仕事は勿論、結婚や子育てのあり方とかも含まれます)。
 


 と大仰に見栄を切ったところで、では私個人で今具体的に何が出来るのかという疑問が当然出てくる。おい何が出来るんだい、自分? ではあるw
posted by ハギー at 17:20| Comment(0) | 時事ネタ

2010年02月27日

祝小林興起議員による国会でのご答弁復活。

政策通の小林興起議員と大塚金融副大臣による、保険・共済を中心にした小泉竹中改革と米国からの年次改革要望書との関係等について突っ込んだお話。今日(2月26日)の国会の財務金融委員会にて。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40193&media_type=wb〈=j&spkid=19850&time=00:08:10.6
posted by ハギー at 02:05| Comment(0) | 時事ネタ

2009年12月13日

市場原理「信仰」者

 池田信夫氏とかいう市場原理主義かぶれがユニクロを擁護してるようだが、自由貿易マンセーな時代遅れのアナクロニスムにしか見えません。市場原理に対する知的な吟味を行わない単なる信仰にすら感じてしまう。まったく困ったものだ。

(以下twitterの書き込みから転載)

  • 池田信夫氏らしい主張だが、個人的には自由貿易至上主義は今やアナクロニズムにしか思えない。そもそも通貨元(げん)の人為的な安値のような国家のコントロールに対してどう思っているのか? http://agora-web.jp/archives/823680.html
    (雇用がどーたらってとこ読んで、経団連そのままな主張に、マクロでの生産(供給)と消費(需要)についてちゃんと理解してらっしゃるのかとお口あんぐり…w。「マクロでの供給と需要なんてのは今流行の経済学じゃない」と言って排除されるのかな?w)

  • 八代尚宏氏が政府の要職から消えてせいせいしていたが、池田氏のような悪しきグローバリスト系論客はまだデカイ顔してんのね。

  • GMを擁護する気はさらさら無いが、そもそもGMが経営悪化したのは怪しげな金融に手を出したせいじゃないのか。 RT @namekawa01 保護主義は麻薬だから怖い:〔日本車に対して〕「貿易摩擦」を言い立てて日本からの輸出を妨害したGMは、経営破綻しました。 - 池田信夫 http://bit.ly/6I20cn

  • 由貿易には安い石油が前提にあるとこに誰が儲けたいかが現れてますねw RT @fujifuji_filter: 自由貿易とは、世界中の富を独占しようとする者のたくらみだと思います。

  • 池田氏のような市場原理『信仰』者は理性を放棄した方が多いようですね(笑) RT @souun_udoku: @te2ha 消費者=生産者という視点がありません。純粋消費者がいるとでも? ほとんどの人々が生産者としてもらった給料だけを消費に回すのが近代。

  •  戦後、冷戦という不自由な条件があったが故に日本の「自由貿易」は成功できた。冷戦が終了したことで獲得した更なる自由は日本の多国籍企業には利したが日本人全般にはどうだったのか。

  • 「行政、政治を担う者も、農業者も、いったいWTOとは何ものなのか、真剣に、正確に認識を改め、深めていくことが大切でしょう。」by 内橋克人氏

  •  「世界同一基準で市場化・自由化していけば世界から貧困が消滅するという世界市場化の戦略ですが、世界の現実は全く逆です。キャッチフレーズ通り実行したメキシコでは農家が貧困化し、貧困の拡散、世界化が進む。貧困の解決ではなく、貧困の拡散を進めているのがWTOの本質です。」by内橋克人氏

  • 情報ありがとうございます。 RT @souun_udoku @te2ha メキシコ:自由貿易は貧困軽減に失敗http://sun.ap.teacup.com/souun/107.html

  • RT @souun_udoku @te2ha WTOとは何だろう?http://sun.ap.teacup.com/souun/49.html
posted by ハギー at 17:41| Comment(0) | 時事ネタ

2009年12月09日

亀井大臣の対財務省発言は正しい。

マクロ経済視点から、中長期の財政再建に対しても亀井大臣の財政政策提言は正しいのだと思います。
財務省とその影響下にあるマスメディアや政治家が、性急な財政再建を叫んでおりますが、公共という視点を無視し財務省の省益だけが満たされるそのような主張が実現されれば、「財務省栄えて国滅ぶ」となりましょう。

「亀井金融相の財政政策主張に歴史的正当性あり」より
(引用開始)
(引用者注/1997、2003年に)日本経済破壊を誘導したのは財務省だった。亀井静香金融相が財務省の言いなりになる政策の危険性を指摘したことは正鵠を射ている。
(引用以上)

日本の粗債務の赤字額は膨大だが、債券やストックで相殺されます。両方をあわせたらGDPに対する純債務比率は他先進国とそんなに変わらないそうです。また現今の国内のデフレの理由を考えれば、財務省の言ってることは無茶苦茶です。
また会社は社員のクビを切れますが国は国民のクビを切れない。リストラによって利益の出せる会社や家計と、国のお金の使い方とを一緒くたにするのはまったく誤りです。

上記同URLより
(引用開始)
財政収支改善を優先して国民生活を犠牲にする意思決定は間違っている。2010年に向けて日本経済の回復誘導を優先するべきである。過去の歴史は、財政収支を優先する緊縮財政が財政収支の改善につながらなかった事実を残している。景気不安の強い局面での超緊縮財政は、景気悪化を加速させ税収を激減させる。挙句の果てにより大型の景気対策が必要な状況を招く。

「経済あっての財政」でその逆でない。財政を健全化するには、経済の回復が不可欠なのだ。景気回復なくして財政再建はあり得ない。
(引用以上)
posted by ハギー at 23:35| Comment(0) | 時事ネタ

2009年11月23日

民主党の前原氏や枝野氏等偏差値世代オボッチャン議員を見てると空恐ろしくなってくる。

数字の辻褄あわせで景気が良くなると思い込んでいるのか。偏差値世代オボッチャン勝ち組の恐ろしいアホぶりである。こんな人たちが国のトップに就いていることに空恐ろしさを覚えます。

日本経済は鳩山デフレに突入(小野盛司): 神州の泉より
(引用開始)
そもそも、今は予算カットではなく、大規模な景気対策をやるときなのだ。デフレの恐ろしさを知っていたら一時の猶予も許されない。放置すれば少なくとも年間数千人もの人を経済苦で自殺に追いやってしまう。
(引用以上)
posted by ハギー at 11:14| Comment(0) | 時事ネタ

2009年10月03日

2016オリンピック落選

リオ決定おめでとうございます。

マスメディアは騒いでいたけど、ほんとうに東京で2016年のオリンピックをやってほしかった人ってどんくらいいたのか?

マスメディアが煽れば大衆が動く、っていう時代では無くなってきたのかな。そもそも既得権益に胡坐をかき自分達に都合の良い情報操作ばかりしてきた大手マスメディアは自己反省せいって思いますが。
posted by ハギー at 11:43| Comment(2) | 時事ネタ

2009年09月17日

walkmanリニューアルらしいけど

天下のソニーは今のイギリス人社長が株主配当重視の方だそうで、技術開発費をケチってるとか。

盛田氏亡き後引き継いだ出井氏からそういう英米的な金融系に軸足をシフトしたおかしな会社になっちゃったらしいすね。

こんなブログの片隅のオレみたいな末端ユーザの小さな声より大株主の意見重視みたいだから、こんな書き込みも意味なさないかもしれないが、盛田氏が草葉の陰で泣いてるかも。
posted by ハギー at 23:15| Comment(0) | 時事ネタ

2009年09月15日

消費税を上げずに済ませるには…

たとえばFXのような金融取引に1%課税すれば消費税は上げる必要無いどころか下げられるそうです。

エクソダス2005《脱米救国》国民運動 : 【第3回】税率2%の一般取引税の導入で消費税・所得税・法人税などすべての国税を直ちに廃止できる!

亀井さんが郵政関係の大臣に就任らすい。株式公開化でウォール街に株を買われる直前のタイミングで良かったですね。
この際、竹中元大臣やオリックス宮内氏の国会招致を是非お願いしたい。
posted by ハギー at 23:06| Comment(0) | 時事ネタ

2009年09月02日

NYT鳩山論文の日本のマスコミの大騒ぎについて

今日各局のニュースでネガティブなニュアンスで取り上げられてたNYT鳩山論文。
下記がまったくおっしゃる通りな気がします。
そのスジの方々(メディアに払うお金やコネがあるんでしょうね)が裏で動かしてるんでしょうかね。

http://amesei.exblog.jp/10167581/ コメント欄より
(引用開始)
日米間にトラブルがないと飯の食いっぱぐれになる、日本の知米派とアメリカの知日派が合作でやった、「チクリ行為」なんじゃないのかと推測しています。
(引用以上)
posted by ハギー at 00:43| Comment(0) | 時事ネタ