2020年10月28日

最近購入した画集たち動画

最近購入した画集たち。日本で売ってなかったり良い画集が手に入らない作家さんがメイン。クリムトは日本でも人気だが、動画にある画集のように彼のメインテーマであるエロスにスポットを当てたものが無い。
アートにおけるエロスって重要だと思うが、日本の画集はあえてそこを避けてない?
美術教育の影響が大きいのか、芸術とは「歴史に残るリッパなもの」として権威物に祀り上げることで、逆に貶めてる気がする。
明治期のクソ真面目で面白くない油彩画の伝統がいまだに続いてるのかな?



posted by ハギー at 00:54| Comment(0) | ART
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。