2008年05月23日

XPの一部不具合解消。

XP使用時に「終了オプション」の「スリープ」ボタンの非表示等不具合がありましたが、インテルのチップセット(945G Express)のXP用のドライバを先ほど入れたら無事解決(^^)。

以前ここで書いたコンパネからの起動ディスクの選択ですが、VISTAのクリーンインストールではなくXPからVISTAにアップグレードインストールをすると可能なようです。
ただ、今回買ったPCについてたVISTAの再インストールディスクでは、クリーンインストールのみ可能ということで、XPからはアップできないとのことでした(MS純正OSでないとライセンス上も問題があったりするんかな)。

で、とりあえずブートマネージャーはHDDから削除して、必要なときにCDからブートマネージャーを立ち上げて起動ディスクの選択をすることに。
posted by ハギー at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | WINデュアルブート化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15239142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック