2015年06月16日

映画「ディアボロス/悪魔の扉」

41PDF614BRL.jpg

今日昼間ランチしながら何気にチャンネルをテレ東に変えたらキアヌ・リーブスとアル・パチーノが出てたので、最後迄観てしまったw(途中から録画したものを夜鑑賞)。

NYCが舞台で古い重厚な高級アパートや悪魔が出てくるって舞台設定が「ローズマリーの赤ちゃん」みたい。
もしかして「ローズマリーの赤ちゃん」へのオマージュなのかパロディなのか?

見所はなんといっても、後半の悪魔の正体を明かしてからのアル・パチーノの長台詞。その部分は録画したものを音声を切り替えて英語のも観たよ。
感情表現がくるくる変わって、それを流石な感じで演じてた。舞台っぽくて見応えあった。台詞の内容といいスポークンワードつうかポエトリー・リーディングな感じだった。

CM無しの吹き替え無しのを観てみたいのでDVDを今度、借りてみようっと。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00005FPMB/ref=cm_sw_r_tw_dp_27VFvb1CWD1B2
posted by ハギー at 01:42| Comment(0) | いろいろ感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。