2019年07月06日

安富歩・大西つねき両氏の立候補についてMJとからめて

安富さんの不登校についてのシンポジウムに以前行ったことがあって、その時に安富さんが「狂っているのは今の社会であって、それに対して引きこもりや不登校という形で拒否反応を示してる子どもたちのほうが正常だ」みたいなお話をされてて、成る程なとすごく納得したことがあった。
安富さんと同世代の自分も、戦争中の教育を受けた親から同じような教育を受けてきたので、毒親に育てられたけど自分も毒親になってたよなあ、ということにも気付かされた(自分の価値感に疑問を持たずに上から目線で子に押し付けてたんすよねえ、気付かないうちに。あ〜あ)。

そんな安富さんが、子どもを大切にする社会をというメッセージを掲げて今回の参院選に立候補されるとのニュースが。
しかも、現在のお金に対する違和感を元にした抜本的なお考えを発信されていて、その思想に僕個人的に共鳴させていただいてる大西つねき氏と同じれいわ新選組からだそうで。
そのお二人が並んで街頭で演説という絵は、個人的にはなかなか嬉しかった(できればお二方とも当選いただきたいが)。

お二人ともその行動の陰に、マイケル・ジャクソンという共通のきっかけがあるみたいで。お二方ともマイケルの「子どもや地球をもっと大切にし行動しよう」というメッセージに大きく影響されたとか。同世代ってこともあるけど、おおーっ!って感じです笑(僕個人的には「Off the Wall」と「スリラー」がメインでしたが…)。

動画の中に山本太郎氏の演説も含まれてるけど、未来志向の上記お二人に対し山本氏は現実的で現在志向の内容で(意識的に役割分担されてると思うんだけど)、その経済財政政策は自分と非常に近いというかほぼ一緒(笑)。
2005年ごろ「サラリーマン」というテーマで「CULTURE DRONE」という日米他の多国籍アーティスト達によるグループ展を行ったのをきっかけに、政治経済について勉強した中で感じ、考えたことを、同じように理解してる人もいるんだと思った。
当時は小泉フィーバー真っただ中で、その中で小泉政権が進めていた新自由主義的な改革に「NO」を言うのはかなり孤軍奮闘的だったけど、ようやく多くの人たちがその間違いに実際の生活の痛みを伴って分かり始めたんだなあと。いいんだか悪いんだかですが(苦笑)。

そんな動画です。大西氏は2番目に、安富氏は3番目に演説。山本氏はその後です。↓


サムネール左端が安富さん、その右隣が大西さんです↓
posted by ハギー at 12:59| Comment(0) | 時事ネタ