2019年06月03日

6/16(日)父の日に横浜の三渓園で行われる詩のイベントのご案内

6/16(日)父の日になりますが、横浜の三渓園で行われる下記のイベントに参加します。
詩やメディテーションなどが融合したワークショップもありの素敵なイベントです。

6/9(日)の国分寺でのROTENともども、皆さまのご参加をお待ちしております!

______________________

タゴール生誕158年 原三溪 没後80周年  
インド文化省ICCR招聘記念イベント 
Meets Japan&India mind by poem   
インドの詩人 Nilanjan Bandyopadhyay × ポエトリー
“100年後 この詩を詠む人はだれか?”×SDGs

<詳細>
https://www.facebook.com/events/856292851403314/

【開催主旨】
インドタゴール精神を引き継ぐアーティストNilanjan Bandyopadhyay 二ランジャン・バネルジー (タゴール国際大学タゴール館 館長)来日記念イベント。
二ランジャン・バネルジーは、タゴールの心と精神を受け継いているアーティストです。
タゴールは、インドの詩聖アジア初ノーベル文学賞を受賞し、数千以上の詩、絵画、ダンスなどを通して、自然とつながり生きる大事さを、今から100年前に伝えました。タゴールは1916年5月29日から日本に5度そして三溪園に3度訪れ、日本庭園そして日本文化をこよなく愛し、日印の心が和してつながることを望んだのです。しかしその夢は実現することはありませんでした。今その夢は、二ランジャン・バネルジーにより引き継がれています。
今回はタゴールが愛した日本について、そして、今を共に生きる私たちで、明日、そして100年後へつなぐ声をひびかせ SDGs アクションへとつなぎます。皆様の参加をお待ちしております。

【日時】
6月16日(日)13:00〜16:00 ( 受付12:30 )
※三渓園内には9時から入場できますので、事前に散策することも可能です。

【会場】
横浜三渓園・旧燈明寺本堂
(〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1)
https://www.sankeien.or.jp/kokenchiku/toumyouji_hondou.html

交通案内はこちら
https://www.sankeien.or.jp/access/

【参加費】
一般:2000円 大学生,1000円 高校生以下無料
※)ご注意
  三渓園に入園の際には入園料が必要となります。
  参加費には入園料は含まれておりません。
  入園料は別途、各自入口でお支払い頂きますようお願い致します。
 (高校生以上700円 小学生・中学生200円 )

【定員】
50名

【申込】
以下アドレスに@お名前A年齢Bご連絡先をご記載の上、お申し込みください。
jiwfsdgs2018@gmail.com (受付)一般社団法人日印女子フォーラム 

【プログラム】
(第一部)ニランジャン・パネルジー 講演
(第二部)三溪園を散策しながらの詩作ワークショップ
(第三部)つくった詩を自由に発表するオープンマイク 
※各部の合間には休憩が入ります。
※三渓園自体は9時から入場できますので、事前に散策することも可能です。

【主催】
100年後 この詩を詠む人を紡ぐ実行委員会

【企画運営】
一般社団法人日印女子フォーラム

【協力】4272(しになに)
musee labo

【参加アーティスト】

大丸2️二ランジャン・バネルジー 

大丸2️4272(しになに)
桑原滝弥
URAOCB
向坂くじら
小針丈幸
萩原哲夫

大丸2️DJ ODORIKO

大丸2️Shammi Babli

posted by ハギー at 22:33| Comment(0) | イベント

2019年06月02日

反緊縮を批判する明石順平氏の事実無視の強引な論理が酷過ぎて思わず書いてしまいました

東日本大震災以来これまで岩上安身さん(この動画の発信主にしてインタビュアー)の活動を肯定的に拝見してきましたが、明石順平氏とのこの動画で一気にがっかりさせられました。
とにかく事実誤認からくる強引な批判があまりにひどいので、その動画に書いたコメントを一部加筆してこちらのブログにも転載します。

(動画URL)
https://youtu.be/vVt8Wo9usW0

明石順平氏はマネタリーベースとマネーストックをごっちゃにして説明してる。我々の経済活動にとって重要なのはマネーストック。 またインフレ・デフレは需給のバランスによって決定されるという事実も無視。

日銀当座預金のマネタリーベースをいくら増やしても、政府もしくは民間が借入を市中銀行に対して行うことによって(市中銀行による信用創造によって)お金が作られないと実体経済のマネーストックが増えないという重大な事実を無視して、どや顔で変な断定してるし。

また終戦直後のハイパーインフレは、米軍の空襲による国内の生産施設の破壊や徴兵による労働力不足等で需要に対して供給が極端に不足したのが主因。
そんな風に事実ではなく、自分たちの理論の期待値で歴史を強引に説明し、それを根拠に反緊縮を批判って、本当に本当に困りもの。

お金の発行の仕組みを知るのに下記がわかりやすいのでお薦めです(明石順平氏はお金の発行の基本的な仕組みを全く理解していないのに、分かったような口でいろいろ言っているのですが、マスコミを中心としたリベラル系の方にウケがいいんですよねえ。わかってないマスコミの方も含め本当に困ったことです)。

私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン 大西つねき著 白順社刊 

日本を滅ぼす消費税増税 菊池英博著 講談社現代新書

お金の発行の仕組み、この動画がわかりやすいです。
この動画と同じよな内容を山本太郎氏に話をしてる動画もありました。この動画は与党の議員さんに向けてお話ししてるようですが。今は右とか左とかで判断する時代ではなくて、発言者が誰であれ事実は事実だし、嘘は嘘なんだと思います。日本や世界を良くするため事実を知ることは必要ですから。
「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済〜ー令和元年5月17日

posted by ハギー at 23:56| Comment(0) | 時事ネタ