2019年05月30日

イベント@国分寺 6月9日[日]「ROTEN Vol.1」のお知らせ

61388707_2254888684590433_6637243159870963712_n.jpg

6月9日(日)に国分寺北口でやるパーテイーイベントのお知らせです。
入場無料のカジュアルなパーテイーなので、お気軽にお立ち寄りください。国分寺駅北口から1分のところです。ロックの日の宴。雨天決行。

ROTEN vol.1

2019年6月9日(日)
時間:14:00〜18:30
場所:国分寺駅北口SEIYUの先TSUTAYA手前の露店(東京都国分寺市本町2-9-3)
料金:無料(持ち込みビール・ワイン・おつまみ歓迎)

〈DJまたは香具師〉
国分寺の板井龍
聖蹟桜ヶ丘の萩原哲夫
立川の波田野州平
日野の野村智子
国立の五十嵐優道
横浜の寺町知秀

元携帯ショップだった空きスペースを使って、持ち寄りDJパーティーをやります。扉の無いストリートに直結した露店のような場所から、街頭放送よろしく行き交う人たちを巻き込んでの自由な宴。日曜昼下がりのGuerrilla Radioを、お好きな飲み物食べ物を持ち込んでお楽しみください。

posted by ハギー at 00:11| Comment(0) | イベント

2019年05月19日

フランス映画「最強のふたり」(2011年)を観た

先日Netflixでこれ観た。2011年のフランス映画。
面白かった。少し泣けた笑。首から下が不随の車いすの中年大富豪とアフリカ系の貧しい若者との友情物語のコメディ。

先だって観た福岡市美術館のインカ・ショニバレ展の「椿姫」を題材にした動画作品とよく似たシーンが。ネタ元かオマージュか偶然かはわからないが(同じ2011年の作品なので)、「えーっ!?」と思った。
で、表現におけるユーモアの大切さを改めて認識。自分も日本に長年暮らしたせいか真面目すぎるとこあるから。

途中EW&Fやダニー・ハザウェイ(歌ってるのはジョージ・ベンソン)の曲が流れて、おおー♫って感じ。フランソワ・オゾンもそうだけど、フランス映画の監督さんて自分と音楽の趣味が合う人多い。


https://www.youtube.com/watch?v=LgXd332Rz7k
(EW&Fが流れる映画しょっぱな)

https://youtu.be/VdAfINhjkXI
(EW&F「boogie wonderland」。ここはウルっときたシーン)

https://youtu.be/1O5NlvENoGE
(ジョージ・ベンソンの「ghetto」が流れるシーン)

https://youtu.be/1O5NlvENoGE

ツイッターにも書いたけど、宇多丸氏によるこの映画の感想や解説がYoutubeにアップされてた。上記にもリンクした映画冒頭部でアガったって禿同。音楽使いも含め「そうそう」って思いながら聞いた(動画冒頭はリスナーの意見で、割とネガティヴな内容なので飛ばして可)。
https://youtu.be/EjqHpfoR80U
posted by ハギー at 14:49| Comment(0) | 日記

2019年05月03日

福岡市美術館のインカ・ショニバレ展。日本の現代美術に足りないユーモアが。

58641568_2199133016832667_7984154034997035008_n.jpg

58374429_2199133066832662_874427286739222528_n.jpg


福岡市美術館のインカ・ショニバレ展行ってきた。
インカ・ショニバレは現役のナイジェリア系イギリス人アーティスト。その出自から人種問題や植民地に絡んだ歴史問題を主題にした作品多し。オランダ他欧州製のアフリカ輸出用の布という自分なりの素材を軸に表現してる。
映像作品もあって、あっこれもオーケーなんだねって発見。
作品には笑い、ユーモアがそこかしこに散りばめられていて思わずニヤニヤしたり、笑っちゃったりして見ちゃいましたが。まあブラックなユーモアも少なからずあるんだけどね笑。

翻って同じ美術館で同時に開催されてた日本人のアートって、明治維新から現代に至るまで生真面目つかユーモアが足りない気がする。アートってなんだかんだ言って時代や社会のありようが反映されるからねー。

個人的に類推すると学校教育の影響が大きいのではないかと予想。自毛証明なんかを未だにやってる校則とか一例。

そんなこんなを考えさせられた展覧会でした。福岡以外に巡回するんかな?
画像は今回の展覧会に向けて作られた「桜を放つ女性」というインカ・ショニバレによるインスタレーション。女性のドレスの生地が先述した欧州製の布。

展覧会サイト
https://www.fukuoka-art-museum.jp/exhibition/renewalexhibition/?fbclid=IwAR3m0IeZ7dCBz2dD7EjUlb9Y5OnLvBXhcFRg0MitojREj2i8-dG8HkuOIAE
posted by ハギー at 15:52| Comment(0) | ART

2019年05月02日

求再発!CLASHのダブ音源集



さっき発見したんだけど、クラッシュのダブバージョンをコンピしたアルバムだとか。
2000年リリースもインディレーベルからのディストリビュートなのか、ネット上では中古盤すら見当たらない。
「Made In Caledonia」ってあるんだけど、どこなのかな?英和サイトには「スコットランドの古名」とあるが…。
時節柄オンライン配信でもいいんで、なるたけ良い音質で再発してほしい。最低一人購入希望者ここにいます笑。

<discogsの情報>
https://www.discogs.com/ja/The-Clash-This-Is-Dub-Clash/release/7097484
posted by ハギー at 14:11| Comment(0) | music