2018年11月15日

先日ご紹介したフェア党の大西さんの新刊本紹介の動画

先だってこちらでもご紹介したフェア党の大西さんの新しい動画です。12月に新刊を出されるそうですが、その内容について少しお話しされてます。20世紀的な枠組みから観るとドン・キホーテと言われかねないアティチュードではありますが(笑)、僕なんかは逆に勇気づけられたりします。
なんつっても僕のようなリアルタイム・ロック、パンク世代としては、ラジカルなのは当たり前なとこありますし(笑)。

実際おカネのあり方を変えていかないと、地球も人類も、いよいよヤバいところに差し掛かってると思うわけです(原発や格差が良い例)。大西さんのご意見に100%賛成というわけではありませんが、大枠の方向性は全く正しいのではないかと。

又このような社会的活動をされた契機がマイケル・ジャクソンの歌詞だってところも、凄くシンパシー感じましたし(ジョン・レノンが射殺された時、マイケルのアルバム「Off The Wall」が流行ってて、当時世代交代を印象づけられたことも象徴的な気がする)。

やや蛇足ですが、実は先日大西さんに直接コンタクトをとらせていただき、何かお手伝いをさせていただけることは無いかなつうことで、この動画はじめ大西さんの週刊動画コラムのサムネールのデザインを僕がやらせてもらってます(笑)。

posted by ハギー at 02:01| Comment(0) | 時事ネタ

2018年11月03日

おカネのあり方を変えてかないと矛盾が益々激化する2018年でないのかな。

20年前の「金融ビックバン」に始まり、小泉政権下で加速化しアベノミクスで更に加速してることなんですが。
ミクロでは利益になってるように見えることが、マクロで見ると日本の弱体化、それこそ動画で言ってるように売国になるということのわかりやすい説明。11:00くらいから。
ドル円が60円を切ると日本は経常赤字国になるそうです。利率の低い(が優良な)日本の資産を売って利率が高い海外のクズ資産を買う現状が続くと、今の円安がどこかの時点で政治的に強制終了になり、猛烈な円高ドル安で経常赤字国に転じ、我々日本人にはいろんな不都合が生じる可能性が高いと。

動画内で、その悪夢からの現実的な処方箋の一つとして説明されてる、日銀の国債直接引き受けや無利子永久債は、当時の小泉首相から「守旧派」とdisられた国民新党が主張してたことなんだよねえ。

先日ブログにも書きましたが、マイケル・ジャクソンの訳詞サイトを立ち上げ、マイケルの思想によってご自身の社会的使命に目覚めたという元外資系金融マンだった大西さんの講演動画です。

posted by ハギー at 21:14| Comment(0) | 時事ネタ