2016年09月10日

人恋し秋の夜長なメロディ。

秋っぽいメロディと声だよなあ。
人恋し秋の夜長って感じの。

さっき新宿へ向かう電車の中で久しぶりに聴いた。
特に後半のエイミー・ワインハウスのボーカル、彼女の若い死を思うと余計切なくなる。

曲後半の“人生って良いもんだよ”って繰り返すNASのライムも、なんか切なさを増させるよなあ…。

しかし「cherry wine」ってなんの隠喩なんすかね?
歌詞の「my red and my cherry」ってのも何の意味か気になる。



残念な事に曲後半が一部カットされた正式PV↓
https://youtu.be/6903zFUIxoU
posted by ハギー at 01:08| Comment(0) | music

2016年09月04日

あと14年?

あと14年かかるかあぁぁ…。
その頃自分はいいトシになってるが笑、うちの子はまだまだこれからな年齢だよな。
うちの子のような、気は優しいがちょいとトンガったのが生きやすい世界になってってほしいっ!

同調圧力ばかりが強い20世紀型日本社会はもう終わりにしませんか?!

以上、先だって美学校でのAIのシンポでお話しされてた高橋氏による下記のweb記事よりの感想です。
「人工知能は失業を生むのか、そしてシンギュラリティは実現するのか!?」
http://ja.catalyst.red/articles/inoue-takahashi-event


高橋氏の美学校でのお話によれば、AIロボットには苦手で、人間が得意とすることは
・ホスピタリティ
・クリエイティビティ
・マネージメント
になるのではないかと。

自分個人的には2番目のクリエイティビティを中心に生きていけたら良いなあ、と日頃思ってますが。
今は食い扶持稼ぎと家事と創作活動の狭間で結構しんどい思いの連続だからなあ…。
この状態から早く脱出したいものです。

ヨガをされてた山手国弘氏が以前、横尾さんとの対談で、各人がメディテーションをやる方向に人間は種(しゅ)として無意識的ではあるが向かっているのではないか?とおっしゃっておられましたが、21世紀にかなりの割合でそれが実現されるのでは? と思うこれから起こるであろう社会の変化であります。
posted by ハギー at 02:01| Comment(0) | 時事ネタ