2021年01月28日

Sunni Colón(スンニ・コロン)のEP「Satin Psicodelic」ヘビロテ

YouTubeで最近ヘビロテのSunni Colón。2018年夏リリースのこのEPにドハマり。
ジャンル的にはR&Bになるらしいが、実際の音はジャンルレスというのか、縦横無尽な感じ。

'90か'91年生まれらしいが、この世代特有なのか肩の力が抜けてる感とジャンルの壁が無い感じが凄くいい。アンダーソン・パークやケンドリック・ラマ―たちより一つ下の世代って感じだね。
寂しいことに僕の身の回りの特に同世代でここいらの音を聴いてる人が皆無w。気持ちいい音なんだけどねー。

両親がナイジェリア人の米西海岸生まれのアーティスト。レーベル名が「Tetsu」ってのもいいw。彼の本名らしいけど。

音質のいい音源をDLしたいんだけど、なぜか彼のオフィシャルサイトが今閉じられていて、それが出来ないのでYouTubeで聴くことに甘んじてます。




プロモ用動画。最初これに惹かれた。映像も音もいい。途中あるサッカーシーンで皆がマスクをしていてその後のコロナ禍を予言してるみたいに見える。
posted by ハギー at 14:05| Comment(0) | 日記

2021年01月11日

バスキアと80年代のヒップホップカルチャーの展覧会(ボストン美術館)のカタログ



バスキアと80年代のヒップホップカルチャーの展覧会(ボストン美術館)のカタログ。
それまでの現代美術の文脈とは全然別の流れで出てきたアートだけど、今や美術館も認めるようになってるつうことだよね。

音楽とビジュアルの関係が重要だったというところが、その前に興った英国のパンク〜ニューウェーブムーブメントに似ていて、自分のような、音楽もアートも大好き人間にはタマらんです 笑。

1984年に行ったニューヨークが正にこの展覧会の空気を強く感じた記憶。地下鉄が内も外も汚くて怖かったが、ストリートやラジオからヒップホップ系の音が大量に流れてて好きな曲を沢山見つけた。

その後1990年にニューヨークを再訪したとき洗礼を受けた音楽はハウス。たまたま案内されたクラブのVIPルームのデカダンな空気は一足先の世紀末って感じだったが。
posted by ハギー at 19:12| Comment(0) | いろいろ感想文

2020年12月27日

新型コロナワクチンは安全?人体の細胞の遺伝子を改変するらしい

今恐れるべきはウイルスそのものよりワクチンの方らしい。
これまでの風邪ワクチンは弱毒化したウイルスを体内に入れて抗体を作っていたのが、今回のワクチンは人間の細胞内の遺伝子そのものを直接改変するワクチンで、その副作用は未知数だとか。

遺伝子改変ワクチンは、家畜には例があるものの人類に打つのは今回のワクチンが世界初で、副作用については10〜20年かけて知見を集めないといけないので安易に打たない方が良いそうです。
32:00あたり〜→
特番『日本コロナの真実とは?』ゲスト:大阪市立大学名誉教授 井上正康氏
https://youtu.be/v2_mC9VNUSs


マスコミを通さず専門家さんの意見を直接聞くと、適度に怖がれば問題なし、成る程なと思うこと多々あり。特に免疫系に関しては複雑なんで素人にはわからないこと多々あるし。ウイルスをシャットアウトすればOK的な単純な話では無いらしい。

あと冬になりコロナウイルス検査陽性者数(感染者数ではなく陽性者)が増えるのは充分予想されたことだとか。
ウイルス同士の相互干渉があるのでインフルとコロナが同時に大流行はありえないそうで、コロナのせいで今年のインフル患者は少ないそうです。

やはりマスコミの煽りにはリテラシーが必要ってことでしょうかね。リンク先の動画とは反対の意見にも目配せしつつ自分で判断することが大切だと思う今日この頃。
posted by ハギー at 17:35| Comment(0) | 時事ネタ

2020年12月14日

私の本棚。画集編。

時代の大きな変化の中、現金にしとくより物に交換しといたほうが価値の利用法としても良いかもなと思い、少しづつ画集に交換してたら少し溜まってきました笑。

最近ほんと飲みに行かなくなったので、その分のお金をこちらに回せるようになったし。

コロナ自粛中には美術館閉館だったので結構ゆっくり見れたが、美術館が再開されてからそっちに行くほうが忙しくなってしまい、やや積読状態。まあ背表紙見てるだけでも幸せな気持ちになるのですが…w。

20201213-01.jpg

20201213-02.jpg

20201213-03.jpg
posted by ハギー at 00:25| Comment(0) | いろいろ感想文

2020年11月11日

【男らしさの呪縛からの脱出】ロイル・カーナーのマッチョとは逆ベクトルの肩の力の抜けた音やラップ。今のところ今年のマイベストアルバム。

最近のお気に入りアーティストの一人、ロンドンのラッパー・ロイルカーナーについてのリンク先の解説がすごくいい。
彼の、マッチョとは逆ベクトルの肩の力の抜けた音やラップが(お母さんとの仲の良さをさらけ出したりとか…)、今の自分には凄く心地よい。


アメリカの若いフィーメールラッパーNO NAMEも同じように肩の力が抜けてて、こういう若い人たちが増えて歳を重ねてくと、世界は今よりずっと平和で住みやすくなるだろうなと思う。
我々世代に深くインストールされちゃってる「闘争こそ進歩」みたいな志向は早いとこ消えていったほうが、本人もラクになるし地球や人類にもポジティブば作用を及ぼしてくと思う。
(彼のアルバム「Not Waving, But Drowning」は今のところ今年のマイベストアルバム。)


この辺の音を聴いてる話を、LINEの翻訳プラグイン使って30代のカナダの方とチャットしてたら、年齢不相応だと驚かれた笑。
少しづつ時代が変わってきてるのを体感として感じる2020年後半ではある。


自分の身の回りのことや好きなことをしないとストレスがたまる性質(たち)なんだけど、それらを我慢して(男らしく)働かないといけなかったのが自分もずっと辛かった。働いて家族を食わすのが男の役目だって常識の中で辛かった何十年であったことをここに告白して筆を置きます。


→ Columns UKの若きラッパー、ロイル・カーナーが示す「第四の道」 | Loyle Carner | ele-king
http://www.ele-king.net/columns/006857/


posted by ハギー at 15:56| Comment(0) | 日記

2020年10月29日

維新という政党に怒りしか湧いてこない今回の大阪都構想住民投票

「国会 維新」のTwitter検索結果 - Yahoo!リアルタイム検索 2020-10-29.png

最近は政治の話題はなるべく避けてきたが、あまりに酷いので一言。

大阪都構想の一連の動きを見てると維新という政党に怒りしか湧いてこない。
国会の首相質問で自分たちの宣伝や自分たちに不利な情報を掲載した新聞を恫喝したりとかレベル低すぎ。こんな政党を選ぶ有権者の見識も申し訳ないが疑ってしまう。

そもそもマクロ経済やお金の発行の仕組みへの無知から来る彼らの緊縮志向がダメだとずっと思ってきたが、結局この人たちのやりたいことは財政問題をテコにして公的セクターを破壊し、そこからこぼれてきた利権が目当てだってことがミエミエの今回の大阪都構想だよな。これを全国規模でやろうってのが彼らの目的か?

応援団である竹中氏とか菅首相と一緒になって利権の山分けするつもりなのか?
マスコミも一緒になって利権に群がり維新を持ち上げ、多くの有権者が騙されちゃってるのかな今の日本。

維新が標榜する、緊縮財政や市場原理主義、新自由主義、功利主義じゃ今の日本や世界の問題は解決不可能。支持者も含め勉強し直して出直してほしいわな。
posted by ハギー at 19:16| Comment(0) | 時事ネタ

2020年10月28日

最近購入した画集たち動画

最近購入した画集たち。日本で売ってなかったり良い画集が手に入らない作家さんがメイン。クリムトは日本でも人気だが、動画にある画集のように彼のメインテーマであるエロスにスポットを当てたものが無い。
アートにおけるエロスって重要だと思うが、日本の画集はあえてそこを避けてない?
美術教育の影響が大きいのか、芸術とは「歴史に残るリッパなもの」として権威物に祀り上げることで、逆に貶めてる気がする。
明治期のクソ真面目で面白くない油彩画の伝統がいまだに続いてるのかな?



posted by ハギー at 00:54| Comment(0) | ART

脱力系フィーメールラッパーNO NAMEの最新アルバム無料音源

YouTube Music 2020-10-28trimming.png

https://music.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_mD3p54nYmHHQxOLd4MeZ975mUMYg9bFoU

気に入ってるもCDをリリースしてない米国の若い脱力系フィーメールラッパーNO NAMEの最新アルバムの音源がYouTube musicだとアルバムごと無料で聴けるんね。
高音質音源が欲しかったらbandcampからDLてえことかい。
自分が聴くような、このアルバムみたいにあんまりメジャーじゃない音源は、これまでディスク堀りが定番だったが…。
時代は変わる、んだね。
posted by ハギー at 00:49| Comment(0) | music

R.I.P. 近藤等則さん

個人的に改めて合掌。
新体道でお身体も鍛えていた筈なのに.....。
まだ71歳だったのにねえ。
今回改めてCDラックを見てみたら結構コレクションしてたw ライブも観に行ったりしたしラジオも聴いてた。
バンドIMAやビルラズウエルと作った「コントン」とDJクラッシュと組んで作った「記憶」が特にお気に入りでした。
近藤さんの音楽はTVでよく使われてたので、知らない間に聴いてた人多いと思う。

121891216_3155599367901740_8591101365299077320_n.jpg
posted by ハギー at 00:39| Comment(0) | music

2020年10月04日

10/11(日)に大阪でライブやります!

120195951_1277386165940723_1712776064231322526_o.jpg

10月11日(日)PM:6:30START 大阪でライブやります!!!!
ドラム他マルチプレイで渡辺‘カント’作郎さん、サックスのKUMAXさんのトリオで。自分はMC+鳴り物で参加しまーす(「未来」名義)。
以前京都での未来フェスでパフォーマンスしたせくしいおっさんトリオwが復活。皆様のお越しをお待ちしております!KUMAXさんが今回のために作ったトラックに3人のパフォーマンスがからむ内容になります。

渡辺‘カント’作郎さんは70年代より村八分や○△□(まるさんかくしかく)などロックとアートの境界線で活動されてきます。
KUMAXさんは90年代からノイズ/テクノアーティストとして内外で活動され最近はサックス演奏でも活動されてます。
お二人とも知る人ぞ知るのミュージシャン/アーティストさんなので、そんなお二人と共演できて光栄です。


ニューワール堂
大阪市西成区太子1-5-6 Tel: 06-6641-2476
https://www.new-worldou.com/
posted by ハギー at 23:17| Comment(0) | イベント