2017年03月13日

来月、吉祥寺で展覧会開催のお知らせ。

突然ですが、来月子どもと2人展を吉祥寺のクワランカカフェさんでやることになりました。
取り急ぎ作成中の案内状画像をアップしてみました。

2017年4月11日[火]〜23日[日]★
※月・木曜定休(4/13,17,20日)
11:30〜19:00(土・日曜 〜22:00、最終日= 〜17:00)
★4月23日[土]15:00からクロージングパーティ 開催
 (どなたでもご参加いただけます。)

会場:クワランカ・カフェ[吉祥寺]
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11 弥生ビル3F
電話:0422-24-6455 E-Mail: info@qwalunca.com
Website: http://www.qwalunca.com

※会期中の営業時間はクワランカ・カフェのホームページ、Twitter、Facebookなどでご確認ください。
Twitter: @qwalunca_cafe
Facebook: https://fb.me/qwalunca

会場にて4月15日PM6:30よりオープンマイク「詩人REUNION」の第2弾を行います。
参加費=チャージ1000円+ドリンク代(こちらもどなたでもご参加いただけます。)

詳細は後日改めて発表致します。
皆様どうぞよろしくお願い致します。

(作成途中のDMです。↓)
2015個展両面w800px.jpg
posted by ハギー at 23:36| Comment(0) | ART

2017年02月26日

マイフェイバリットDJの動画二題。

King Brittのhouse mix。
前半の1時間がKing Britt。例によってスポークンワードでスタート!
ラストが懐かしのJamiroquai。

下記のDJ JAZZY JEFFと同じフィラデルフィアでのプレイだけど客層が違う。お店の雰囲気もあるのか、なんかこっちの方がハイソな感じ 笑
DJ JAZZY JEFFに比べるとデジタルな音だけど途中ドナ・サマー(I feel love)や詩人Ursula Ruckerも挟まれたりしてオッサン的には落ち着きます 笑。

https://www.facebook.com/KingBrittFanPage/videos/10154972057292246/



DJ Jazzy JeffのMix。いいつ!

posted by ハギー at 19:28| Comment(0) | music

2017年02月22日

optimistic(オプティミスティック)リメイク版



25年前の曲をイギリスのDJさんがリメイク。元曲通りにアン・ネスビーが唄ってる。
以前にも此処に書きましたがこのAnn Nesbyさんの声を聴いてると何故だか不思議と涙腺が緩んじゃうこと多くて。元々ゴスペルを唄ってる方。

25年前の元曲はこのAnn Nesbyさんがメンバーだったゴスペルグループ=sounds of blacknessによるもの。
音作りは此処でもたまに取り上げるジャム&ルイス(元プリンスファミリーの一員。その後ジャネット他のプローデューサー)。
アレンジは元曲のほうが好きだけど、動画は新しいほうがシックリ来るね(ニューヨークのダウンタウンにあるワシントンスクエアやユニオンスクエアが撮影場所になってる)。さっき動画の声を聴いてPCの前でウルっと来そうになっちゃったし 笑。

ご参考までに25年前の元曲はこれ↓
たまに顔出すポッチャリしたおばちゃんがAnn Nesbyさんです。
https://youtu.be/PpvAil65yJc

タイトルの「optimistic(オプティミスティック)」って、野口体操や「風邪の効用」の野口晴哉師がおっしゃった
「希望せよ 実現してもしなくても希望しつづけよ 活力の源泉として必ず働く」(https://twitter.com/nharuchikabot/status/830571096617259008 より)
ってことだと思ふ。
最新のコーチングでも同じような概念が言われてますしね。

“今日も良い一日だった。明日はもっと良い日になるでしょう…”って気持ちにさせられる声と歌ですね、Ann Nesbyさん。

ってなわけで、皆様おやすみなさい!
posted by ハギー at 23:11| Comment(0) | music

2017年01月06日

さよなら2016年、こんにちは2017年

(画像をクリックすると拡大されたものが表示されます)
15747793_1235100229902622_1718139160418697158_n.jpg


先だってのSocial Design Salonの「GRIT読書会」で、2016年一年を漢字で表すと?とイキナリふられて、咄嗟に出てきたのが「平」。

実際良くも悪くも僕個人的には「たいら」な一年間だった。
プライベートでは一昨年に比べ親子関係がつつがなく平和で、仕事では一昨年に比して伸びの足りないやや中途半端感が強かった一年だった。

2017年は、春以降プライベートで変化が否応なく起きる一年になりそう(ってやや大げさですけど、内容はその頃また発表致します)。時代も今年に引き続き大きく変化してきそうだし。
それを鑑みると「嵐の前の静けさ」な今年一年だったりして・笑

社会に目を転じると、CNNによれば、小規模ではあるけどフィンランドでベーシックインカム試験運用がいよいよスタートだそうです。

http://money.cnn.com/2017/01/02/news/economy/finland-universal-basic-income/index.html

2000人の市民に仕事の有る無しに関わらず月587ドル支給だとか。
恒常的に供給過剰社会になったここ日本でも近未来に導入される可能性の高いベーシックインカム。
僕のような仕事以外の分野であれこれライフワーク的なことやってる者にはとても有り難い制度だと思う。
もし日本でもベーシックインカムが採用されたら、食い扶持を確保するための仕事の量を極力減らして、表現のコラボや、社会の中で言いたいことがあってもその方法を見つけられない人たちの案内役をやって行きたい。
そんなことを頭の片隅に思い描きながらの2017年がスタート。

何はともあれ皆様昨年一年間お付き合いいただきありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いします。

(以上、こちらから転載しました。)
posted by ハギー at 14:48| Comment(0) | 時事ネタ

2016年12月27日

2005年のCREAM(クリーム)再結成ライブ動画

11年も前になるし、再結成のことも知っていたのだけど、当時から勝手に今さら感にとらわれワザと見聴きしてこなかったんだけど、先日たまたま動画を初めてYouTubeで観る機会があって、観てみたら結局全編観てしまった(笑)。

何しろ殆どの曲が聴いたことのある曲ばかり。クラプトンがリードボーカルをとった「Stormy Monday」だけ初めて聴いた彼らの曲でした。高校時代に部活から戻ると家で大音量で彼らのレコードを毎日のように聴いていたからね。僕が高校生の頃には既に彼らは解散した後で、同級生達はツェッペリンだパープルだ陽水だって言ってた中でクリームにハマってた自分だった(笑)。

ライブ動画を観れば明らかなようにベースのジャック・ブルースが殆どの曲でリードボーカルをとっていて、クラプトンはギターメイン。今から観ると不思議かもしれないけど、当時のクラプトンは自分の声にコンプレックスがあってボーカルは避けていたそう。クリーム解散後デラニー&ボニーに声を褒められ、自信をつけ自らでボーカルをとるようになったそうだからね。その後の彼の活躍は皆さんもご存知ですよね。実際動画中の「Stormy Monday」では聴かせてくれるボーカルで、ドラムのジンジャー・ベイカーが、曲の終了後に思わず拍手してる様子が映っていたし。
レイドバックして落ち着いちゃったクラプトンってイマイチ苦手だったけど、今回のライブでノイジーな音を出しまくってるクラプトンを観て、『おおロックオヤジ!』ってちょっと見直しちゃった。

演奏もボーカルも元々テクニシャンで上手な3人なので安心して観てられました。このライブの前に癌をわずらい2014年に亡くなったジャック・ブルースには良い冥土の土産になったかもなあ。失礼な物言いですがクラプトン以外の二人はこれだけの規模のライブってクリーム解散後には、あまり無かっただろうしね。

しかし三つ子の魂百までで、思わず見入ってしまいました。夢中になって聴いていた高校生の時に観れたらずっと良かったんだろうけど。

因みにクリームを好きになったきっかけはクイーンのセカンドかサードのライナーノーツに彼らの好きなバンドにクリームが入っていたから試しに聴いたのが始まり。THE WHOもそうなんです。ビートルズもクイーンメンバーのお気に入りに入っていて、この3バンドとも今でも大好き。クイーンは余り聴かなくなったけどね。

と、元ロック少年のオッサンのロック談義でした(笑)



PART2(残りの曲とアンコールが入ってる)
posted by ハギー at 22:03| Comment(2) | music

2016年12月11日

外部に書いた記事。

MEDIUM初挑戦。短文書いてみました。↓
“情報化社会の変化の加速と、その先を考える。”


先だって訪れた醍醐寺の写真。上醍醐での写真をアップ。下醍醐の写真も何枚か追加アップ。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1182194048526574.1073741867.100002079716340&type=1&l=0eae5fbdf8
posted by ハギー at 23:17| Comment(0) | 時事ネタ

2016年11月29日

DJ Spinna&King Britt音源

DJ Spinnaのインスト3曲。このマッタリ感がたまらん。



King BrittのFMラジオ用MIX(動物の権利保護のキャンペーンの一環らし)。
しょっぱなつうか2曲目にスポークンワード入りのフリージャズ。その後の流れもかっちょいいっす。30:00あたりにボウイも入ってるよ。
アンビエントで大人な選曲とつなぎ。後半はテンポ上がってダンサブルになるけど…。
自分でどっかにオフィスを構えたら、これをずっと流してたいな。だるしゃな(Darsana/うちの屋号です。ヒンドゥーで「観る=哲学」の意味)のテーマミュージックにふさわしいと勝手に決めつけてる(笑)。
これを無料でいつでも聴けちゃうんだから2016年のネットコミュニティ素晴らしい。

いやあいいっす。。

posted by ハギー at 13:06| Comment(0) | music

2016年11月12日

神仏分離・廃仏毀釈の名残と、21世紀の神仏再習合。

先週行って来た京都の醍醐寺もそうだけど、元々所謂パワースポット巡りが好きで各地を回ってきたが、どこに行っても役行者(えんのぎょうじゃ)の像があったりと修験(しゅげん)の名残があり、何だろうなと思っていた。
所謂山伏姿で山中で修行をする、日本独自の山岳信仰に仏教が混じったものが修験道(しゅげんどう)と呼ばれ、8世紀に始まったそうだ。

下記はその醍醐寺での動画。
たまたまお寺近くの秋祭りの御神輿の加持祈祷を僧侶の方がやられていて、般若心経を読経されてた(まさしく神仏習合っ! それこそ日本の伝統っ← 一応韻踏んでみた笑)。
二日目に大阪の作郎さんと般若心経の話で盛り上がったばかりなので、シンクロニシティに驚く。
醍醐寺は明治維新の廃仏毀釈まで修験の拠点だったせいか、僧侶の皆さんは山伏風の法衣と法螺貝を手にしておりました。動画には入ってないすが、法螺貝の音ってチベット仏教の喇叭の音を彷彿とさせる響きがありますわな。密教繋がりということなんすかね。



醍醐寺の奥、醍醐寺発祥の地:上醍醐の写真はこちらに。

で、そんな修験の名残に接して来て思い至ったのは、明治政府の廃仏毀釈の苛烈さだ。
今残ってる修験は、明治維新で徹底的に破壊された後、息を吹き返したもののようだけど、廃仏毀釈以前の隆盛は望むべくもないって状態みたいすね。イスラム過激派を批判できないレベルの苛烈な文化弾圧が廃仏毀釈であり、修験に代表される日本の伝統である神仏習合を破壊しまくったわけで。
ただ江戸時代のお寺は、幕府から特権的な地位を与えられていたそうで、そのことで永年鬱積してた庶民の反発が、明治維新時の神仏分離・廃仏毀釈の際に庶民をして苛烈な行動に走らせたことは否めないらしい…。失った文化財や伝統のことを思うと複雑な思いにとらわれますが。

しかし近所でよく訪ねる高尾山にはなぜ明治の廃仏毀釈前の神仏習合の形がちゃんと残ったのでしょう? 薬王院にはお寺と神社双方がちゃんと両立してる。 関東関西の神社仏閣を巡ると、廃仏毀釈によって神社だけが残り寺は廃寺というところが少なく無いので、ちょっとギモンに思ったりした。
下記を読ませていただくと、薬王院の皆さんがご努力されて時代の艱難から信仰の形を守り抜かれたようです。

高尾山の歴史 高尾通信
http://www.takaosan.info/takaosanrekishi.html
(余談ながら、上記を読んで初めて知りましたが薬王院は明治までは京都の醍醐寺系列のお寺だったんすね。いやあ今回醍醐寺に行きたかったわけがちょっと分かった気がした笑。)

高尾山IMGP5456.JPG

高尾山薬王院の神社。画像の鳥居を手前に降りて行ったところにお寺(仏教)の本堂があり(画像をクリックすると拡大されたものが表示されます)。


同じ東京の御嶽(みたけ)神社では、今のお土産店街を抜けたとこにある山門の脇の広い空き地、あそこがお寺の跡だそうだ。廃仏毀釈で神社だけ残りお寺が廃寺になった一例。
武蔵御嶽神社については下記に歴史が。
http://musashimitakejinja.jp/
明治の神仏分離・廃仏毀釈までは御嶽蔵王権現という神仏習合の権現様だったようで(蔵王権現は吉野に残ってますね)、今も残る山門には仁王像が経っていたそうで、神社に変わった時に、今ある神官像に替えられてしまったそうです。何か無粋な像だなと思ってたら(笑)そういうことだそうだ。

御岳門前IMGP7567.JPG

武蔵御嶽神社の山門(随身門)脇の空き地。ここにお寺があったそうです。明治の廃仏毀釈で廃寺に。


熱海の伊豆山も同様で山門の下、海までの参道の両脇がお寺だったそうです。今は住宅地になってしまってるけど。
伊豆山の廃仏毀釈については下記に詳しい。
http://raikou.c.ooco.jp/izusan/report_v2.html

伊豆山参道IMGP5798.JPG

伊豆山神社から海へ下る参道。この両脇が明治維新まで修験の伊豆山権現伊豆山権現社・走湯山般若院というお寺だったそうです。神仏分離で神社はそのまま残り、お寺は規模を縮小して伊豆山神社の南西にこじんまりと残っています。
ウィキペディア→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%B1%86%E5%B1%B1%E6%A8%A9%E7%8F%BE


他にも最近訪れた大月市の岩殿山麓にも円通寺(岩殿権現もしくは七社権現)という大きな修験のお寺があったそうだが、廃仏毀釈で廃寺になってしまったそうで(哀しいねえ)…。
こちらに詳しく書いてあります。→ http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/sos_iwatonosan.htm

今回醍醐寺参拝の後に久しぶりに再訪した奈良の大神神社の南西側にある平等寺。あそこも明治維新までは今の40倍の敷地を擁する大きなお寺で、敷地の大半は今農地や山林、住宅になってしまってる。その辺りを巡ると所々にお寺時代に作られたと思われる古い立派な石垣が残ってた。吉野や大峰山に連なる修験の拠点だったそうだ。

平等寺IMGP9018.JPG

山辺の道沿いに建つ現在の平等寺。明治の廃仏毀釈で一旦廃寺になった後、昭和52年に再興。ただご住職のお話だと面積が往時の40分の1の規模になってしまったそうです。



三輪IMGP9038.JPG

現在の平等寺から500M程坂を上がったところにある小さな祠の春日神社(現在改修中で祠は無し)。このあたりがかつての本堂が建つお寺の中心地だったらしい。今は山林で大神神社のご神域で禁足地になっています。リンク先の江戸時代の絵地図の左上にあたる場所です。


三輪山もそうだけどパワースポットと呼ばれる神社は修験の拠点だった場所が多い。
修験の寺には徳川家の強力な財政的バックアップもあったそうだ。また修行の為の山道を介した修験行者のネットワークが全国にあったようで、思想的な面そしてネットワークをゲリラ戦に使われる怖れといった政治的な面から明治政府が修験寺を悉く弾圧した面もあるのではと推測してます。

しかし形の上では国家によって強制的に神仏分離されてしまってますが、我々の日常の信仰の形は普通に神仏習合ですもんね。
宮中の神事の内容を詳しくは知りませんが、ゆくゆくは天皇家でも明治以来途絶えてしまっている仏教の加持祈祷を復活していただき、可能なら御所を京都に戻していただきたいってのが個人的な希望ですけど。
明治維新以降150年、日本は国家ぐるみで近代化に走ってきたけど、物質的にはかなり豊かになりました。そろそろ近代化のための方便としての中央集権型の国家体制を終わりにして、地方分権型に戻していくべき時期ではないかと。そのための一つのあり方が神仏習合の復活、それによるアジア大陸との文化的一体性の復権と各地方の独自性の尊重を強めて行くのがよろしいかと考えます。
明治以降の脱亜入欧による近代化をそろそろおしまいにして、文化的にも経済的にも次のフェーズへ移行して行く時期に、我々日本人はさしかかってきてると思うわけです。

そんなこんなパワスポで神仏分離による修験の衰退について考えることが多くて、暫く神仏分離・廃仏毀釈について勉強したいなと思った次第です。
posted by ハギー at 23:55| Comment(0) | いろいろ感想文

2016年11月09日

米国大統領選の感想

もしかして皆さんと意見が違っているかもでアレなんすけど(笑)、下記リンクのブログ記事にもあるように、軍産複合体やウォール街と近しい戦争好きのヒラリーがもし大統領になって、戦争好きの安倍首相と組んだらどうなってたか、考えるだけでゾッとしてたけど、それが回避されて良かったと僕個人的には思ってます。
条約国の主権よりグローバル企業の利益を優先させるようなTPPを反対する本気度もヒラリーよりトランプの方が強く感じたし。

「トランプ大統領を歓迎する - 代替案のための弁証法的空間」


確かにトランプだと米国内的には問題があるかもしれませんが、日本や世界にとっては、無駄な戦争が行われないであろうということでトランプで良かったなと。同じような事をカンボジアのフンセン首相が最近発言しておりましたし。
http://www.sankei.com/world/news/161103/wor1611030069-n1.html

アメリカは20世紀初頭のようにモンロー主義に戻って、国内問題の解決に軸足を移していくのが良いのでは。軍産複合体やウォール街、グローバル企業が力を持ち過ぎて、99%の国民が苦しんでるのが今のアメリカの姿でしょうから。

強大な軍事力を使って対外問題にクビを突っ込むより、建国の理想を今一度思い起こして、矛盾だらけの国内問題を優先して解決してくというのか。そうしないとかつて広大な土地を明け渡したネイティブの人たちも浮かばれませんよ。

民主党も既得権益にまみれたヒラリーを大統領候補に選んでしまったのが残念。実際、権力中枢で悪事を働いていたようで、FBIが彼女の訴追を匂わすくらいだったわけっすからね。

追記(2016.11.10):
アメリカから日本へ帰化された賀茂川氏による今回の大統領選へのご意見です。マスコミが何故ヒラリーを応援したかが書かれてます↓
https://kamogawakosuke.info/2016/11/07/no-1166-%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%80%80%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e9%81%b8/#more-5505
posted by ハギー at 20:42| Comment(0) | 時事ネタ

2016年11月08日

最近動画でチェックした'92年〜'94年のHIP HOP曲

'92年〜'94年のHIP HOPシーンは一種神がかってるわな。
下記以外にもATCQやらスヌープの1stやらとインパクトある曲やアルバムが次々とやったなあ。

Pete Rock & C.L. Smooth - Take You There (1994) (HD) https://youtu.be/Ot3kGjs94YI


Pete Rock & CL Smooth - They Reminisce Over You (T.R.O.Y.) (Video) https://youtu.be/BONgL61snlM


Rob Base & DJ E-Z Rock - Break Of Dawn (1994) https://youtu.be/kqjR55jMwbE


更にこんな曲も↓
The Pharcyde- Soul Flower (Remix) https://youtu.be/4Oo2XO_ub18


posted by ハギー at 19:53| Comment(0) | music